ラッピングしなきゃ

息子の誕生日が近付いています。今年の息子ちゃんの誕生日は今までの中で一番散財しました(笑)まずプレゼントに2万以上かかっています。仮面ライダーフォーゼのベルトとスイッチが欲しいとのこと。このスイッチというのがくせもので40個あります。そしてそれを入れるカバンも別売り。。ということでスイッチがセットで安く売っていないかオークションで探してみました。

一応、定価より少し安い価格で落札することができました。そして、今度は本体(ベルト)です。こちらはオークションもお店で買うのも送料等考えたら結局たいして変わらないことに気がついたので新品を買いました。そしてここが大人のずるいところですがスイッチ40個を誕生日にすべてあげるのではなく、とりあえず息子が欲しがっているスイッチをいくつか与えておいて後はお手伝いしたり、いうことを聞かないときに小出しにしよう、ということになりました。というわけでピックアップしたいくつかのスイッチを息子がいないときにラッピングしないといけません。

おかしいことはおかしいというのは当たり前

以前の私は府に落ちないことや、傷つくことを言われたときもけっこう我慢していました。例えばたくさんの人がいる場だったら場の空気を壊したくない、とか相手との人間関係を壊したくないとかそういった理由で。私が文句をいうともしかしたら口論になってさらに傷つくことを言われるかもしれないという怖れもありました。

ですがそれは間違っているんだとある本を読んで気が付きました。それは自分をないがしろにしているのと一緒だということに気が付きました。他の人が傷つかない、場が円満になるためなら私を傷つけてもいいのかというとそんなはずはありません。それが仕事でどうしてもそうしなければいけない場合は別だと思いますけど、プライベートでそんな我慢を続けるのはおかしいですね。

片付けが片付きそうです

最近片付けをするための詳細な行動計画や目標設定をしたのですが、私はもともと机の上でああだこうだと考えるのが苦手です。頭で考えるくらいならやってしまえ、とけっこう力技で生きてきました。結局目標数値になれば計画書がなくたって一緒でしょ!みたいな考え方でした。ですが、全然違うことに気が付きました。

まずモチベーションが違うんですよね。計画書を立てている時点で「早く体を動かしたくて仕方がなくなる」んです。ですが、まだまだ計画書はできません。計画書ができても実際の片付け作業に入るまでにたくさんの準備作業があります。計画書にそういった意味はないでしょうけど、じらされるとやりたくて仕方がなくなる、という状態になりますね。これはすごいです。まだはじめていないのでわかりませんけど、すごいスピードで片付けが終わってしまいそうな予感がします。

計画を立てるのが苦手な私

私は行動するのが好きです。体を動かすという意味の行動力ですけど。こちらの行動力はわりとあると思います。この人に会いたい!と思ったらすぐさまなんとかアポをとろうとしますし、ダイエットのために豆腐が必要、となるとすぐに買いにいきます。ですが計画をたてるのは苦手でした。

そして立てた計画をやり遂げたという経験もほとんど皆無なのではないでしょうか。そもそも計画書の時点で破たんしていることが多々あります。例えば自分でも不明瞭な部分だったり「このへんはこのときがきたら決めよう」とか行き当たりばったりだったり。そんな計画書だから計画通りになどいくはずはありませんし、途中で放棄してその場その場でやってしまうという結果になりがちでした。たまたまうまく計画が立てられ、成功した経験もありますが、本当にたまたまって感じでした。でもその苦手意識は「計画を立てることに関しての知識が乏しかった」だけなんですね。最近読んだ目標達成の本のとおりに計画書を作ってみたらd素晴らしい計画書が出来上がりました。これはすごい自信につながりそうです。

エネルギーは一点の曇りもなく必要なところに使うべき

気付いてしまいました。今まで私は自分のたくさんあるエネルギーをまったく違う方向に無駄に使ってきたんですね。とある人の本を読んで正しい計画の立て方を知り、その計画通りに行動したら驚くほど楽しく少ない労力で目標を達成することができました。これはすごいですよ。今までそのことに費やしてきた時間、労力、エネルギーを考えたら効率良いことこの上ないです。

最初は「計画を立てるのにこんなに時間をかけていいのだろうか」「こんなことをしている時間があったら、体を動かして行動したほうがいいんじゃないだろうか」とちょっと不安になりました。ですが、最後まで計画書をきっちり詰めることで、凄い集中力で目標をやりとげました。しかも最初に掲げた締切日より3日も早いのです。正しい部分で自分の力を使ったっていう手ごたえがあります。今までこんなことを知らなかったことが非常にもったいないような気がしました。

ジュディ&マリーが好き

もう解散してずいぶんたちますが私はジュディ&マリーが好きです。曲も声も好きなんですけど、ちょっと注意して聞いていたら、歌詞に使われている単語が自分の好きな単語が多いなって思いました。「光」「きらきら」など。言葉のパワーって絶対ありますよね。最近同じ意味でも「自分の脳が喜ぶ言葉」「自分の脳が嫌がる言葉」があるのだということを知りました。ただ「幸せ」「嬉しい」「ありがとう」「ついている」等の一般的な良い言葉だけを口にしてればいいというのはまだまだ甘いんですよね。

自分の好きな言葉を知って自分をコントロールするためにどんどん使っていかないともったいないですよね。私はずっと人から完璧主義だと言われてきてそんな自分がちょっと嫌で直したいと思っていますが「完璧」という言葉は実はけっこう好きなんですよね。

みんなが幸せでいい人は幻想?

2年くらい前に仕事もプライベートもものすごく調子がよくて「世の中の人はみんないい人でやさしい」そんなふうに思っていた時期があります。根本をたどれば人間はみんないい人で優しいのだと思います。だって邪悪な赤ちゃんなんていないじゃないですか。赤ちゃんのときはみんな平等に清らかでやさしいんです。(お母さんにとってはやさしくないですけど・苦笑)ですが大人になって行く過程で信じられないくらいひどいことや悪いことをする人が現れる。

今この瞬間すべての人が幸せな気分で満ち足りていて優しい気分かというと違いますよね。でも私はそうだと信じていました。今はそれは自分がすべてがうまくいっているからこその邁進だったと思います。自分の体も心も調子が悪くなったときにはじめて苦しんでいる人の気持ちがわかりました。私が浮かれている間にもドロドロとした感情をもてあまして苦しんでいる人がたしかにいたのです。

もしかしたらそういった人達がいるおかげで自分がうまくいっていたのかもしれません。極論ですけど。うまくいえないんですけど、いい人にも悪い人にも感謝するべきところはあるんだって思いました。実際何かされたらそんなふうに思うことができないと思うので、かなり理想論が入ってますけど。

キャラケーキ

今度息子の誕生日会があるのでキャラケーキを注文しました。ケーキは冷凍で届くそうです。そして冷蔵庫で6時間かけて解凍されるそうです。今回は仮面ライダーフォーゼのキャラケーキを注文しました。チョコレートケーキなんですけどどんなのがくるかとても楽しみです。

息子の誕生日にめっちゃ大きいキャラケーキを注文するのが夢です。そんなのを「ママからのプレゼント」と気軽にあげられるようになりたいです。今回は18センチの6号ですけど。それにしてもケーキもインターネットで注文できるんですねー。すごく便利な世の中になりましたね。それだけケーキ屋さんなんかも競争が激しくなっているんでしょうね。キャラケーキは需要があると思うのでキャラケーキでインターネット展開をしているお店は成功しているでしょうね。コメントを書くとミートパイがつくそうです。

2度寝はしない!!

最近読んだ本に「2度寝をしたら後悔しか残らない。這ってでも布団から出ろ」と書いてありました。私は「えー?そうかなあ。だって2度寝は気持ちがいいし、5分くらいふとんでゆっくりしてちょうど良くない?這ってでもでるってそんな苦行なんで毎日やらなくちゃいけないの?なんて思ってしまいました。

携帯の目覚ましのスヌーズを使えば5分ごとにアラームが鳴るので3回目くらいで「さあそろそろ起きるかな」と体を起こすのがちょうどいいような気がしたのです。ですが今日「息子が目を覚ましそうだから今すぐには起きないほうがいい」と自分にいいわけをして2度寝をしたら見事に、時間ギリギリに起きて後悔しました。後悔するっていうのはたしかに嘘じゃありませんね。やはり2度寝は休みの日以外はしないほうがいいという結論に落ち着きました(笑)

パチンコかあ・・

ぱちんこ コンバトラーVと聞いてもいまいちピンとこなんですよね。まあやらないから仕方がないんですけど。こないだ旦那の会社の人がうちの家具を引き取ってくれました。いらない家具だったので大助かりです。そして旦那も運ぶのを手伝うためにトラックに乗って一緒に出ていきました。

それですぐ帰ってくると思っていた私は途中でやめられない仕事や家事をしないようにしていました。そうしたら全然帰ってこないのです。だって家具を運ぶだけでしょ?って思ってとても不思議でした。問い詰めてみるとそのまま盛り上がって一緒にパチンコに行っていたんだそうです。その男同士盛り上がって一緒にパチンコに行くという感覚も私には理解しがたいですね。