子供との会話

まだうちの息子は3歳です。3歳だからというわけではないですが、何を言ってるんだかわからないときとか、会話のキャッチボールができないとき、そもそもキャッチボールにもならないとき等が多々あります。

例えば今回息子の誕生日に仮面ライダーフォーゼのベルトとスイッチを今度贈るのですが「そういえば剣とか欲しいと言っていたような」と私はいうと旦那が「そこまでやるのは甘やかしだ」と怒り始めました。ノリノリでスイッチを探していた人と同一人物とはとても思えません。でもそこで喧嘩になっても仕方がないので「本人に聞いてみてからはっきりさせよう」ということになりました。で、息子に「誕生日に何が欲しいんだっけ?」と聞いたら「今日はね、ラビットハッチは欲しいんだ」と昨日セブンイレブンでみたおもちゃのことが忘れられないようです。「今日はーラビットハッチで、誕生日はベルト」とかいうので「誕生日は?」と聞き返してもラビットハッチのくだりに戻ります。結果剣はなしになりました。

喧嘩に少し冷静に対処できた

旦那と喧嘩…というか口論になりました。本当にしょっちゅう喧嘩している夫婦ですね(苦笑)いつもならドロドロと醜い言い争いが夜中まで続いていますが今回は比較的早く鎮火しました。何がきっかけだったかというと「お前はすぐに影響を受ける」と旦那に言われたことです。私はこの言葉がすごく嫌です。過去に何度か言われたことがありますが、そのつど悲しく、やるせない気分になりました。もちろん「すぐに影響を受けている」なんて自分では思っていませんし、すべて自分の意志で今までやってきたと思います。

でも旦那にこの言葉を言われるのです。「悲しいということは図星だから悲しいんじゃないか」とさらに言われましたが、私は自分のことを全然理解してもらえてないことが悲しくてくやしかったんだと思います。「私が本当に何回もその都度『言われたくない』と言っているのになんでこの人はまた同じことをいうんだろう?」とやるせなくもありました。でいつものようにドロドロ喧嘩になりそうだったのですが、ちょっと頭を冷やしました。「こんなに言われたくないと思っているのに、何回も言われる。『今後言わないと約束して』とお願いしても嫌だと言われる。

もしかしたら言われる私の行動や言動にも問題があるのかもしれない。だったらどのあたりがそういうふうに見えるのか聞いたら改善できるかもしれない」と思ってそれを伝えたのです。少し目線を変える、ということができるようになりました。

うーん

数日前にすごい豪雨だった日を境にテレビ番組が見れなくなってしまいました。そこで昨日テレビを購入した電気屋さんに行ってそのことをお話ししました。そうしたら明日の午後、見にきてくれるという話になりました。ついでに食器洗浄機の調子も悪いので見て欲しいと話したらそれもみてくれるという話となり都合のよい時間帯を言って帰りました。それで今日なんですけど、見てもらう前に掃除をしておこうと思って午前中は食器洗浄機の掃除をしました。そうしたら食器洗浄機のメーカーから電話がかかってきて「明日食器洗浄機の故障の件で伺うという話ですが、時間帯はいつが都合がよろしいでしょうか」というのです。

そもそも今日という話だったし、都合のよい時間帯も話してあるはずだし、テレビと食器洗浄機一緒にみてもらう話なのにテレビは知らないというし。じゃあ昨日、日にちと時間を伝えたのはずべて無駄だったという気がしてきてちょっと怒り口調で苦情を言いました。

文句を言いながら私の怒りのボルテージがどんどん上がっていきます。とすると電話越しの声が震えはじめました。怖かったんでしょうね(苦笑)後で思ったのですが別に怒り口調じゃなくても冷静に話しすれば良かったなって思いました。怒ると自分もエネルギーを使ってしまいます。

子供の信頼

昨日、豪雨の中車を運転していたら後部座席に座っていた子供は言葉を失うくらいおびえていました。私も雷がひどかったのでけっこう怖かったんですが、私が怖がると子供にとってよくないと思って平気なふりをして運転し続けました。途中信号でとまっているときにちらっと子供の様子をみたら下を向いて黙っています。

名前を呼んでも返事がありません。どうやらそんな中にも関わらず眠ってしまったようです。この雷の中よく眠れるなあと思って、後で子供に「怖くなかったの?」と聞いてみました。そうしたら明るい返事が帰ってきました。「怖くなかったよ!お母さんと一緒だったもん!!」と言われました。ここまで信頼されているのか、とびっくりしてしまいました。普段でも子供を不安にさせるような発言はしてはいけないですね。

雷がすごかった

昨晩、子供を連れて片道1時間の病院へ行ってきました。その帰り突然の大雨に見舞われて大変でした。もうほんと、よく使われている表現になってきますけどバケツをひっくり返したような大雨でした。

雨だけならまだしもとにかく雷がひどかったです。ピカピカピカピカ光るし、落ちる音はすごいしで子供はすっかりおびえてしまっています。私も顔には出さないようにしたんですけど正直怖かったです。何歳になっても雷は怖いですね。こないだテレビで雷がひどいときはとにかく建物に避難するように言っていたのを思い出して、セブンイレブンに入りました。中に入ると同じように雷を警戒して入ってきた人がけっこういました。

しばらく中にいたんですけど、相変わらず雨はひどくていつおさまるかとか全然わからない状態なのでとりあえずセブンイレブンを出てゆっくり運転して帰りました。無事帰れて良かったです。

短時間で眠れる本感想

驚くほど得るものがありませんでした。この本がダメだからとかそういうことではなく今の私にとって得るものはなかったという意味です。

特に現時点で睡眠時間をどうしても4時間半にしたい理由がないので、とりあえず実践することはないと思います。私はただ深く眠る方法が知りたかっただけなので本選びを間違えてしまいましたね。この本の理屈だと、深く眠りたければ短眠をせよということになってしまいますので…。

後、やる気にさせるためか、睡眠時間が長い人に対する著者の書き方がひどく、読んでいて気持ちのいいものではありませんでした。私の場合はやる気になるどころか「この人のいうことは絶対聞きたくない」と思ってしまいました。

図書館戦争感想

面白かったです。けっこう中身も詰まっていますね。

ただファンタジー小説にありがちな「やたら難しい言葉で書かれている」せいで、ちょくちょくひっかかってしまって読むのに時間がかかってしまいまいした。これは私は使われている言葉に対しての知識がないために起こってしまっただけでシリーズを読みすすめるにしたがって改善されていくことでしょう。次作も楽しみですね。今何作目まで出ているかまだチェック不足ですが、今出ている全シリーズは読んでみようと思います。

シリーズものってちょっと間を開けると話を忘れてしまっていたりするので、なるべく早く読もうと思います。

生理日チェックの重要性

他の方はどうなのかわかりませんが、女性は生理日をチェックすることを重視する必要があると思います。というのも毎月ある程度決まった周期で生理がくるのは健康の証拠でありバロメーターなので、そのチェックを怠っていると知らず知らずのうちに何か病気にかかってしまっている可能性があるからです。

そして妊娠した場合も早く気付けるなどのメリットもありますし、出産予定日もはっきりするのでやはり生理日をチェックすることは重要でしょう。私は生理の初日はとんでもなく眠くなる傾向があります。だとするとその生理日初日に重要な仕事や、予定を入れないことが賢明ですよね。もし有料のサイトに登録することに抵抗があるならば無料生理日予測のサイトなどもありますので是非チェックしてみてくださいね。

病院にて

子供のつめがちょっとガタガタになっていて、放っておいたら治るかなあと思っていたんですけど、保育園から病院へ行ってくださいと言われました。以前つめを噛むくせがあったのでそのせいかなあってあまり気にしていませんでした。まあでも病院へ行って何もなければないに越したことはないし…。と思ってうちから車で約1時間かかる病院のホームページを開いて診療時間を確認したら19時と書いてあったので安心して18時半に行ったら受付で終了しましたと告げられました。

え?19時までじゃないんですか??と聞いたら18時までというのです。おかしいなあと思って帰ってから自分が見たホームページを確認したら確かに18時と書かれていたんですけど…。自分のパソコンの文字が小さくて19時に見えるんですよね。といっても18時とたしかに書いてあるわけで。。文句の言いどころがないです。

子供の信頼

昨日、豪雨の中車を運転していたら後部座席に座っていた子供は言葉を失うくらいおびえていました。私も雷がひどかったのでけっこう怖かったんですが、私が怖がると子供にとってよくないと思って平気なふりをして運転し続けました。途中信号でとまっているときにちらっと子供の様子をみたら下を向いて黙っています。

名前を呼んでも返事がありません。どうやらそんな中にも関わらず眠ってしまったようです。この雷の中よく眠れるなあと思って、後で子供に「怖くなかったの?」と聞いてみました。そうしたら明るい返事が帰ってきました。「怖くなかったよ!お母さんと一緒だったもん!!」と言われました。ここまで信頼されているのか、とびっくりしてしまいました。普段でも子供を不安にさせるような発言はしてはいけないですね。