妊娠したかもと思ったら

もしかして妊娠したかもと思う女性は多いと思います。
まず妊娠したかもと思ったらというサイトをみてチェックしてみてください。
セルフチェックでおおまかにわかると思います。そうすることで落ち着いて病院へ行ったりできるでしょう。

このサイトの記載通り、もしかしてと思った時の妊娠率って高いと思います。
自分の体調の変化は自分が一番わかりますからね。
初めての妊娠だと意外とわかりにくいですが、妊娠経験者だとすぐにわかるものです。

私の初めての妊娠の症状はまず眠さだるさでした。
しっかり眠っても一日中だるくてベッドで寝転がってました。それが一番最初の症状でした。
それから間もなくつわりがやってきて当分気持ち悪かったです。

今はネットで色んな情報があるから便利ですよね。
人に言いにくかったりしますから、まずは自分で症状などを認識し確かめることをおすすめします。
このサイトでは、望まない妊娠をしたかもと思った時に、産婦人科で緊急のピルを処方される情報もかかれてます。
参考にしてくださいませ。

読書

最近めっきりと読書をする時間がなくなってます。
妊娠してから暇な時間をうめるために本を沢山買ってよんでました。すると楽しくて楽しくて止まらなくなりました。

読書って楽しいのですね。子供の頃に気がついていたら人生変わってたかもしれません。おしいことをしてしまいました。
我が子には読書の楽しさを伝えたいですね。

そして最近仕事の休憩時間に10分でも読書をするようになりました。家にいると子供がいるしじっくり時間がもてないということで、職場に本をもっていって読んでます。

その楽しみがなくても休憩時間は待ち遠しいものです。だから益々休憩時間が楽しみになって、一人で部屋にこもれるので、昼食後一人でもくもくと読んでます。
なかなか良いですよ。

時間を有効に使う事が目標でもあるので、この少しの時間ではありますが、充実してます。
なんだか、読書をしない時より断然生活のリズムが良いです。時間を有効に使えた時はものすごい達成感を感じます。
もっともっと時間の使い方を改めていかなければなりませんね。

ちなみに休憩時間中に読んでいる本は、東野圭吾の小説です。彼の小説はあまり集中しなくても内容がスラスラ頭に入ってくるので最適です。そして次々読みたくなるという感じです。

果物たくさん

じめじめ嫌な季節きわまりないですが、唯一たくさんのおいしい旬の果物を頂く事が出来ます。
いちじく、桃、ぶどう、びわなど瑞々しい果物がいっぱいです。

この前スーパーでブドウとスモモを購入しました。安い割にはとってもおいしかったのです。スモモは洗って皮ごといただきます。
自然の恵みですよね。私は果物が大好きで特にこの時期のものには目がないです。
朝ご飯代わりにしたり、お風呂上がりに頂いたり色んな場面で活躍します。

しかし、うちの娘は果物が大嫌いで、春の保育所でのイチゴ狩り、サクランボ狩りには行ったのですが、一口もくちにしなかったそうです。
なので今回も私一人だけで楽しもうと思ってたくさんの果物をかったところ、ぶどうが食べたいといいだして、パクパクおいしいと言いながら食べてたのです。うちの母も私も驚いて目が点でした。

一緒においしいねとか分け合って子供と食べるのって、幸せだなと思う瞬間でもあります。
そして私は子供のために同じブドウを買いに行くのです。

ケイトレディが完璧な理由

サラジェシカパーカー主演のケイトレディが完璧な理由という映画がみたくてレンタルショップにいきました。
するとツタヤしかレンタルしていないということです。
以前はツタヤの目の前に一人暮らししていたため、いつも借りまくってました。内容も充実してました。

今は田舎なので失礼ですが内容が充実していないレンタルショップばかりです。
新作すら入らないところもあるのです。どうやったらお客さんがくるのか不思議ですがね。

というわけでまだみていないのです。
予告では子供もいながら会社のマネージャーという役職があり、ニューヨーク勤務になり栄転するのです。
輝かしいですよね。それでも母親という顔もあるのでそちらにも奮闘するといった内容です。
こんな人に憧れます。

サラジェシカパーカーって魅力的ですよね。sex and the cityも独身の頃はまってみてました。
映画化されて、映画館までみにいきました。それぞれの女性の人生を楽しむみたいな内容は大好きです。

私は好きな映画を何回も飽きずにみるタイプなので、DVDを買おうか迷ってます。
レンタルだとみれないことも多いですからね。子供がいるととくにみれません。
当分この映画で私は幸せな気持ちになれるでしょう。

おねしょ

3歳の娘はおしっこに関して敏感なのかわかりませんが、オムツがとれたのも早く今までおねしょをしたことがなかったです。
不思議な子だな〜と思ってました。

しかし今朝娘は、はじめて布団におねしょをしたのです。
おしりが濡れていたのでかなり驚きました。風邪を引いたらいけないからすぐに着替えさせ、まだ早朝だったため二人で二度寝をしました。
なんだかかわいらしげに思えました。子供らしいというか。

おしっこでたねと話すとそのことに反応しません。もしかしたら嫌な気持ちなのかなと思いました。
母に言うと、神経質になってしまうから、おねしょの話はしないほうが良いとのことでした。

今日は娘のおねしょのことばかり考えてそうです。変かもしれませんが、なんだかうれしい一日なのでした。
毎日おねしょされるとたまったもんじゃないですが、たまにならかわいいものです。

夫婦別姓

ニュースで夫婦別姓を求め裁判をおこし退げられた人達をとりあげていました。
そこで夫婦別姓は必要か必要でないかというアンケートに、年配になるほど必要ないと答え、若い人ほど必要という結果でした。

必要と答えてる人は、仕事上の問題を指摘する人が多いです。取引先に辞めたなどと思われて仕事に支障がでるとのことです。
これに対し思ったことは、職場で法律上ではないですが、仕事上、旧姓のままの人がいます。
けっこう普通な感じですよね。あれは法律上まずいのでしょうか??

私の意見は夫婦別姓でも全く問題ないと思います。実際私は外国人と結婚してるので私は日本名のままです。
だから夫婦別姓ですね。日本人同士が別姓を許されないようです。
こんなことで裁判沙汰になるんですね。しかも認められないという。
変な世の中です。だからこれも少子化の原因のひとつです。事実婚という選択をする人が少ないのです。

しかし夢がお嫁さんという人は、将来の旦那様の苗字を名乗りたいでしょうし、それを誇らしく思う人もいるわけです。
世の中色んな人がいるのだから、こうだと選択の余地を与えないのはどうかとおもいますがね。

ネクタイの柄

50代の部長のネクタイの柄がいつも動物です。
それにきがついた時、かなりおもしろいと思ったのです。
遠くからみるとドット柄にみえてあからさまに動物といった感じではないのです。

ある日その部長のネクタイをまじまじとみてしまったのです。
小さなぶたが均一に並んでいて、一カ所だけ豚肉を焼いてる絵があったのです。なんだか遊び心のあるネクタイですよね。
次の日はクジラでした。

彼はもともと変わってる人でやはりネクタイの選択も人とは違うようです。
ネクタイの柄をみるとその人がどんな人か、わかるようなきがします。

ちなみに彼は、お客さんが自分を尋ねてくることを嫌います。でも私達は仕事ですので案内します。
すると部長は、今度誰か尋ねてきたら、この世にいませんって言っといてというのです。
私のツボにはまってしまったのでした。

大阪母子飢餓事件

先月大阪で母親と3歳の子供の遺体が発見されたというニュースをみました。
しかも二人とも飢餓で亡くなった可能性が高いそうです。母親のメモにはおいしいものを食べさせてあげられなくてごめんねという内容でした。ガスや電気もとめられていて、冷蔵庫もなく食塩程度しかなかったそうです。

しかも所持金は小銭しかなく、かなり生活が困窮されていたことがわかります。それにも関わらず生活保護を受給していた形跡もなかったそうです。夫がサインした離婚届も残されていたのです。

今の時代にこんなことがおこるのですね。老人ならありえますが、まだ母親は20代です。
なぜ誰にも頼らなかったのでしょうか。親にも言えないのでしょうか。
あまりにもかわいそうです。これから人生が始まったばかりの子供までが、こんなことになるなんて信じられません。

子供を保育所に預けて働くといったことをしなかった理由はなんなのでしょう。
夫に暴力をふるわれていたということで、別居して困窮したとみられてますが、そのために外に出られなかったのか気になります。
豊かな日本でこんなことがおこるということは、まだまだこういう人達が報道されていないだけで、たくさんいるのではないかと思いました。

この事件を通して生活保護の見直しは必要ではないかと考えます。簡単に不正受給できたり受給するべき人がしていなかったりおかしな世の中です。

小言をいうおじさん

職場のお話です。ここでは職場の人はみていないので書きたい放題です。
私のストレス発散です。ご了承くださいませ。

職場の夜勤者であるおじさん達の小言が多いのです。
その人達と1日1、2時間ではありますが一緒に働かなければならないのです。
文句ばっかり言って、みんなこういってるだのうるさいです。

男性にも更年期があるといいますが、まさにその症状ではないかと思います。
冷房はかなりきいてるのに暑い暑いっていってますし。

マイナスなことばかり言ってる人と一緒にいると自分までネガティブになってしまいますよね。
こういう人はうざいけど放っておくのが一番のようです。
ちなみに私が働く部署は、気分の浮き沈みが激しいのはみんな男性です。
たちが悪いな〜っていつも思ってしまいます。

仕事ってこなすだけじゃだめで、色んな人達とコミュニケーションを嫌でもとらないといけませんよね。
むしろ気の合う人のほうが少なく、こうやっておじさんにいらっとするのです。
この人の奥さんは苦労しただろうななんて余計なことを考えたりします。

毎日おじさんとの戦いは続くのです。
 

梅雨時期の髪の広がり

嫌な季節ですね。これから蒸し暑さが増してきます。
そして梅雨とともに私の髪がふくらんできてます。ボリュームがすごすぎです。
だからこの時期だけストパーをかけることにしました。

普段のお手入れも簡単だし不快度指数も上がらなくてすみます。
この話をするとみんなアホ毛がたつなどと共感してくれます。果たしてくせ毛の無い人はどうなんでしょう?
梅雨の時期でも髪はサラサラのままなのでしょうか?

同僚は梅雨の時期は根元だけストパーをかけるそうなんです。最近では部分ストパーが主流のようです。
ある人は前髪だけかけるのだとか。個々のニーズに美容院はこたえてますね。

とにかく梅雨があけても暑さで髪はやられっぱなしで、はやく秋にならないかな~とすでに思ってます。
ムカデや蚊、蝉ではなく鈴虫の声が恋しいです。