美の天敵便秘

女性の2人に1人は便秘だそうです。
そして便秘には色んなタイプがあるそうです。

まず週末トイレ症候群という、平日は忙しくてトイレにいかず週末に薬を飲んでだすといった習慣のことです。
あとはストレスの影響で便秘になったり、ダイエットで偏った食生活のため、だすものがなくなるといった形です。

便秘の怖い所は老廃物を溜め込むため、肌トラブルとして外見にでてくるということなんだそうです。
年齢的に若くても腸は高齢な人が多いのです。

やはり毎朝ゆとりをもってトイレにいくことが大事ですよね。
私はあまり便秘にならず便秘の人の苦痛がわかりません。
10日もでないという人を知ってますが、どうなってるのでしょう。あまり食べないのかなと思ったりしますが、便秘の末の排便となると、痔になる可能性も高いです。
そうならないために食生活の見直しや、水分の補給、マッサージなどが良いですね。

妊婦が恐れる風疹

今年は風疹患者の数が去年にくらべて3倍以上だそうです。
そこで一番懸念されることは妊婦さんです。妊娠20週までに風疹にかかってしまうと胎児に影響がでてしまうということです。
待望の赤ちゃんを授かっても風疹にかかり中絶する人も多いのだとか。

そしてその影響から風疹のワクチンが少なくなっているということです。
なんだか悪循環ですね。今年の妊婦さんは不安だらけです。
ある人は、外にでる時はマスクをかかさず、手洗いうがいも頻繁にして予防してました。
それでも夫が風疹にかかってしまう可能性があると話されてました。

風疹患者の70%はなんと男性だということです。しかも感染経路は職場の可能性が高いのです。
必然と夫がかかってしまいますよね。

不安な気持ちで妊婦生活を送りたくないですよね。
一番良いのは妊娠を望む前にワクチンの接種をすることかなと思います。みんなが焦って接種しようとするから少なくなってるのだとは思いますがね。

年下ブーム

先月、ラストシンデレラが最終回を迎え結局、篠原涼子と三浦春馬が結ばれましたね。
篠原涼子が綺麗だから違和感がありません。
設定は39歳の女性と20代前半の男性が恋に落ちるといった内容でした。現実的に難しいと思うのは私だけでしょうか。

芸能人だから綺麗だし、また年下の三浦春馬がかっこいいからはえますよね。二人が並ぶと年関係なくお似合いのように見えます。

現実の年下の範囲は5歳くらいまでじゃないかと勝手に想像します。
年下ブームではありますが、まわりは離れてても5歳という感じです。一歳下でも年下と呼べますからね。

私は年下の人とお付き合いしたことがありません。今でも年下だとなんだか頼りないと思うかもしれません。
40歳くらいになると年下がいいな〜とおもうかもしれませんね。その頃には需要がなくなるのでしょう。
日本男子は若い女子が好きですからね。

ものすごく身勝手だと思う事があります。男性は自分が若い時は年上の女性に憧れ、年を重ねると年下を好む傾向があります。
今、年下男性とお付き合い、結婚されてる人は要注意です。10年後には立場が逆転してるかもしれません。

芸能人で例えるなら、小柳ルミ子と大澄賢也、コアラと三原じゅん子です。この二組のカップルは気持ち悪いくらいベタベタしていて離婚すると、さっさと若い女性と再婚しましたよね。これが良い例かもしれません。

マンモス

シベリアの永久凍土から発掘されたマンモスが横浜で一般公開されるそうです。
ほぼ完全状態で残っていて、およそ3万9000年前のものです。

こういうニュースを見ると、歴史上のことなのに毛まであるマンモスがそのまま存在するなんて考えられないなと思うのです。
100年前ですら大昔と思ってしまう私ですが、3万9000年前なんてどんな時代だったのか想像もつきません。
その頃に人間も存在していて、どうやってマンモスと共存していたのか気になります。

そんなことを考えてると、今生きてる自分ってちっぽけだなと思います。
地球が存在する限り人間も存在するのであって、これから3万9000年後はどうなってるのでしょう?
そんな変なことを考えたりします。

自殺

20代、30代の死因トップは自殺だそうです。
しかも先進国のなかでこんなに自殺率が高いのは日本くらいだそうです。

まだまだ若者の自殺を食い止めることは難しいようですね。
原因は就職難だったり職場の人間関係、失敗などです。若いと失敗を過度に悲観してしまいがちで、なんで自分だけこうなんだと落ち込むのです。誰しも悩みや失敗をしたり色んなマイナス面があり、完璧な人なんていません。しかし若いとそういうことに気づきにくいそうです。
私もそういう風に感じていた時期がありましたが、今ではどんなに幸せそうな人、家族でも何かしら悩みを抱えて生きてるものだと考えてます。

きっと今どんぞこで死にたいと思っても、数年たてばたいしたことなかったと思えるものでしょう。
そういう日がくるまで乗り越えるべきだと思います。

私は何か困難があった時、確かに死にたいと思う事がありますが、そんな勇気はないです。
ただ思うだけです。死ぬ勇気があるなら生きれば良いのにと思います。
死ぬことより生きる方が楽じゃないですか。

昔は仕事で失敗するとかなり落ち込んだりしましたが、今は、まぁ仕方がないと諦めます。上司におしかりを受けても昔のようにどうしようなんて思いません。明日になったらケロッとしてるだろうという感じです。実際ケロッとしてる上司が多いです。
50代、60代だと忘れがちだし、あまりひきずる感じはありません。
だから心配無用です。しかし反省する態度は見せないといけませんがね。

妊娠初期症状

私のまわりは、第二子、第三子と妊娠、出産ラッシュが続いてます。
そこでみんな十人十色といいますが、症状が全く違うのです。

妊娠時は上の子がいると大変ですよね。一人目ならゆっくりと楽しくマタニティーライフを送れますが、すでに子供がいると慌ただしく時間がすぎるのではないでしょうか?

妊娠初期症状というサイトがあります。時間が無くネットですぐに検索できるので便利です。妊娠初期症状がどんなのかがわかります。
友人で第一子妊娠中は、ひどい悪阻があったそうですが、第二子は全くなかったそうです。
同じ人なのにこんなにも違うのですね。

出産にしても産めば産むほど痛いときくこともあれば、逆のパターンもあります。
妊娠、出産は神秘の世界だと私は思います。
何億分の1の確率で産まれてくるのですから。こんなに奇跡的に産まれてくるのに、現実の世界では思い通りにいかないことだらけです。
私の娘も厳しい現実と戦いながら生きて行くのかなと少しせつない気持ちになります。

ニート婚

ネットニュースによると、35歳を過ぎた女性の結婚率はわずか2%とのことです。
年を重ねれば重ねるほど、理想が高くなりますよね。しかしそれは意味のないことで結婚に結びつかないことが多いです。
理想が高い人ほど結婚できないし、自分は地位の高い人といつか結婚できると信じてます。
現実的に難しいですよね。

そこで自分の親が自営業をしていて、なおかつ婿養子が良いなら、ニートを選ぶのが懸命だといいます。
例えば農業だとします。得意のネットで商品を売り込んだりと思わぬ力を発揮することがあります。
ニートだからといって対象外と思うのはよくないかもしれません。あくまで自営業のお話です。

お金はないけど生活力のある原石ニートもいいかもしれません。
すんなり婿養子のことも承諾してくれそうだし良いことだらけです。

意外とみんなが見逃してるニート婚がこれから流行るかもしれません。
自営業限定ではありますが、素敵なニートはどうでしょう。

死後の世界

占いや霊能者など死後の世界をうたう人がいますが、あれを信じますか?
私は誰にも死後の世界は語れないし、知らないと思います。
死んでみないとわからないし、それを生きてる人に伝えれませんよね。

新聞の広告欄に、死後の世界という本の紹介がありました。
少し読んでみると、死後の世界にも学校や仕事、住む家もあるとかいてました。
本当なんでしょうか。今ある感覚はなくなって他にうつるのでしょうか。

私は小さい頃から、死んだらどうなるんだろうと疑問に思ってました。
そんなことを答えてくれる人はもちろんいませんよね。両親も知らないというだけでしたね。

いつか知る時がくるのかと思うと何とも言えない気持ちになります。
生きてる人がかいた本ではありますが、じっくり死後の世界についての本を読んでみようかなと思いました。
あと、宗教によって生まれ変わりを信じたりそうでなかったりとしますが、みなさんはどうお考えですか?
生きてる時に悪い事をすると、来世は動物に生まれ変わるなんていわれます。
それを言われると悪い事できないですよね。

ちなみはイスラム教は全く生まれ変わりを信じないようです。

歩くだけじゃ駄目

健康を維持したいと思う人が殆どだと思います。
そこでみんなウォーキングをしています。早朝から歩いてる人をよくみかけます。

テレビでみたのですが、歩くだけじゃ筋肉量は増えないらしいです。ウォーキングはカロリーを消費させるだけらしいです。
だから歳を重ねるとつまずいたり転倒したりとそんな病気にかかるとのことです。
歩いてるから良いというわけではないのです。歩きもしないのは論外ですがね。

だからウォーキングに加えて、スクワットや腹筋をすることをすすめてましたね。
うちの両親に言ってやりました。彼らは楽してやせようと、毎年新しいダイエット器具を購入してます。
増えるだけですぐに飽きますからね。

やはり若いうちに体を鍛えとかないと、歳をとると目に見えるほどガタがくるのかなと思いました。
プロのスポーツ選手が良いのかというのも違うと思います。彼らは体に負荷をかけすぎてるので、歳をとっても健康的とは限らないと思います。なんでも適度が一番かもしれません。

優しい子

夏風邪をひき、かなりひきずっていて治りません。
本当に気をつけてくださいと言いたいです。

職場でも風邪気味が続き迷惑かけてるな〜と感じてます。咳がでそうになったら裏の事務所にかけこんだり、鼻水がでたりと大変です。

そんなこんなで、自分が嫌になってきます。決して深刻ではありません。もっと体が丈夫だったと思うのです。
そう考えながら仕事してました。一緒に出勤した同僚が時間差でお昼にいきました。そしてお昼終わって、私の所に買ったばかりののど飴を持ってきてくれたのです。かなりうれしかったですね。気遣いできる人って素敵ですよね。

つい、子を持つ親として、私の娘もあんな子になってほしいな〜なんて思いました。
その人は名前に優しいという字がついてます。その名の通りの子ですよね。
見た目もとびきり可愛いので、もてて仕方がないのかなと勝手に思います。みんな彼女のことを狙ってるかもしれないなと妄想しました。
私が男なら彼女にすぐ惚れるかもしれません。