アジアとヨーロッパ価値観

アジア人とヨーロッパ人の価値観ってけっこう違いますよね。
例えば、肌の色が白いのが魅力と考えるのがアジア人で、小麦色のような肌を好むのはヨーロッパ人です。
日に焼けないように色んな方法をとりますよね。ヨーロッパでは公園でビキニ姿になり日光浴をしてるのです。

きっとアジア人にとっては考えられないと思います。特に白人だともともとが白いので、そのままだと健康的でないと考えるそうです。
だから日焼けサロンにいったり、夏は日光浴をしたりするのです。

英国王室のキャサリン妃でさえ、焼いてますよね。これが魅力の一つなのです。
白人の有名人を注意深くみてください。たいていほどよく焼いてますから。

日本は白いのが良いと考え、美白という言葉をしょっちゅうみかけるし聞きます。
所変われば美の基準って違いますよね。

しかし日光浴は多少必要ですが、肌を痛める原因にもなるし、シミ、そばかすもでき過剰にすることは危険ですよね。

美のために無茶することは良くないように思います。自然体が一番良いのではと思いますがね。

蝉その後

ちょっと前に蝉ネタを書いたのですが、蝉がうるさくてうるさくて苛々します。
朝の5時くらいからないております。島で生活しているけど家は山側なので、蝉のなき声がもろにきこえてきます。
蝉の声で朝、目がさめるのが苦痛でしかたがないです。
鳥のチュン、チュンという声で目が覚めるなら最高ですが、みーん、みーん、じーーー、と数千匹の蝉の声は、失礼ですが悲惨です。

早く秋よこーーーーいという感じです。もう夏はこりごりです。
日本の夏、花火以外は最悪です。外にでると息ができないほどの暑さです。

娘は保育所に通ってるので、旅行は夏ではなく秋にしたいと考えてます。好きな時に休ませます。
今年の秋は奮発しようかなと考えてます。
それまで蝉と戦うのです。蝉側はなんとも思ってないですけどね。

ストレスの原因

独身の頃は自分のことで悩んだり考えたりしてました。
その頃が懐かしく感じます。
今では、ストレスの原因が自分ではなく夫や子供のことなのです。

家族だからこそ心配したり時にはいらだち、自分は二の次になってるのです。
働いて疲れても娘のためにご飯つくったりお風呂いれたり、そんな生活です。

保育所の先生に軽い気持ちで、娘がよく着替えをするんですと言ったら、着替えはしないカードをわざわざ作ってくれたのです。
それはありがたいのですが、どうですか?なんて毎日聞かれるとうるさいななんて思ったりもするのです。
私って本当小さい人間だと思います。こんな生活で娘はまともに育つのかなと心配になりました。

それでも朝は忙しくて準備をさせ慌てて保育所に連れていきます。お迎えは母に頼み、一緒にご飯を食べお風呂に入り慌ただしく毎日がすぎていきます。娘にどんな影響をあたえてるのか心配なのですが、考えても明日はくるわけです。
その繰り返しです。
子供、夫のことでストレスを感じやすく、独身時代が懐かしいです。今は自分のことを考える暇がないです。
気がつくと老けてるというのは避けたいですね。

クレーム

前回の記事の続きです。
やはりサービス業はお客様のクレームを受けることがあります。これは避けられないですよね。
中年のおっさんに怒られても、私は内心ハイハイという感じなのです。表向きは反省した態度を示しますが。

20代の頃はそれが恐ろしくてびびってましたが、30代になり度胸がついたのか、どうしようという気持ちにはならないのです。
いつになったら終わるかな〜とか命とられるわけでもないしなんて思ってます。
私って性格悪いなって思いますね。いつからこんなクレームを受けても大丈夫な心をもったのでしょうか。

年を重ねると精神的にも強くなるのですね。中年のおっさんは、言いたい事を感情的に言い、だんだんと小さくなっていきます。
もう言うことがないのでしょうね。しばらくすると、平常に戻り小言を言いながら帰っていきます。

慣れですね。これからもまた、とことんついてない日があるでしょう。

ついてない日

ついてない日ってとことん嫌なことがおこりますよね。
職場での出来事です。

ホテルの仕事で早番でした。そこでなぜが従業員用のトイレが3階以上でないと使えなくなってました。私は1階にいるので不便で仕方がなかったです。それで文句を言っていたのもつかの間、ホテル館内の電気の電圧が古くなり作動しなくなりかけ、一旦一部停電になったのです。エレベーターは止まるし、客室の水はでなくなるしでフロントにはたくさんの内線がかかってきました。
不本意に怒鳴られまくりです。なんでもクレームはフロントですよね。本当にむかつきました。

今回の対応はどうかと思います。お客さんに知らせずいくら10分程度だったとしても、ホテルは24時間うごいてるのです。
しかもチェックアウトの時間帯で最悪でした。不本意に怒られるし、総支配人は姿をくらましてるしで腹が立ちましたね。
この判断は間違いきわまりなかったです。

そしてボケかけたフィットネス会員のじいさんに怒られたのです。いつも12時からフィットネスは始まるのに、11時頃行って開いていないじゃないかと、いちいちフロントで怒鳴り込みにきたのです。22年間通ってて初めてだと言ってました。
22年間12時オープンです。ボケって怖いですね。何言ってもわからない老人にまで怒られ散々でした。

お年寄りをみると

あっという間に一年って過ぎますよね。そしてあっという間に歳をとると思いませんか?
私もあっと言う間に30代に突入したように思います。鏡を見るとシミなど、げんなりします。
気持ちは若いのだけどというフレーズをよく目上の人が使ってましたが、まさにその通りです。

そして腰の曲がったお年寄りを見てると、私もいつかそうなるのかと思うとため息がでます。
かわいいおばあちゃんもいますがね。元気で自立したおばあちゃんになりたいです。

人間、いつかかならず死にます。なんだか暗い内容ですが、そう思うと今考えてることはちっぽけなのかなと思うのです。
よくお年寄りで死ぬ事は怖くないという人がいます。そういえるということはさまざまな人生を謳歌してきたのかなと思います。
私はまだまだ死ねません。先は長いようです。

再びLine

ラインって連絡をし合うツールとしては無料でかなり便利ですが、思わぬ欠点もあります。
しなければならない連絡ではなく、グループに所属しなければならいことからどうでも良い内容を送信するのです。
これって30歳過ぎた主婦でさえもやってるんです。一生懸命にアピールして必ず返さなければならないのです。

私は本当に失敗しました。グループに入ったがためにどうでも良い内容のラインメールが一日に数百件はいってくるのです。
いちいち返してる暇もないのですが、客観的にあほらしいなと思うのです。しかし本人達は必死なんです。
退会するのは失礼かと思い、もう目を通さなくなりました。

こうやってスマホにとりつかれるのって嫌です。30代の主婦がこうなのだから、十代の学生はグループに入っとかないといけないという使命感を持つ子が多いと思います。学生のうちにやらなければならないことがたくさんあるのに、スマホに時間を費やすばかりは馬鹿げてると思います。

広島県で十代の少年らがラインを通じて殺人まで犯した事件がありました。ものすごく怖いです。
主婦の仲間意識も怖いです。内容は子供と変わらないのです。これって歳ばかりとって意外と中身はかわらないのかなと思いました。

プライベートビーチ

私が住んでいる島は海で囲まれてるので、観光客が集まる海はかなり込み合っていました。
いつも人が少ない島は夏の間だけ観光客でごったがえすのです。

しかし観光客が集まる海以外は、人が全くいません。
地元の人間だとどこにいけばいいかわかるのです。
まるでプライベートビーチです。夏だけ遊びに来る親戚は、いつもプライベートビーチへ行ってきますと一人で海水浴に行くのです。
都会の人からしたら贅沢だねと言われますが、私は島育ちでその感覚があまりわかりません。

海で泳ぐのはただですよね。小さい頃、夏は毎日海でおよいでました。時には自然の怖さを知ったりもするのです。
沖の方に泳いでいくのは早いですが、戻る時はかなり体力を消耗しながら波の向きが反対なので時間がかかります。
そして刺されると毒がまわる魚だっています。そうやって自然と共存するのだと思います。

しかし今はこの島でさえ子供が泳いでる姿を見かけません。
みんなプールに行っているのです。時代はかわりましたね。

プライベートビーチっていう響きがいいです。島でゆったりと時間を過ごすのも悪くないですよ。

あずきバー

定番中の定番アイスあずきバーが冷凍庫にあり、お風呂上がりに食べました。
ものすごく久しぶりに食べたのですが、絶品ですね。
子供の頃は、おばあちゃんが買ってくれてよく食べていたものです。しかし今は好んで買う事もなくなりました。

やはり昔からの定番商品って味は確かな物が多いですよね。
なんだか子供時代を思い出すような、懐かしい気持ちになるのです。

あずきバーは、さっぱりしてるし甘さを引きずらないから最高です。
こういうアイスのほうが良いと思える年齢になったのでしょうか。祖母もそのことを当時は知っていたのでしょう。

何気に食べたあずきバーですが、これからハマりそうなので、アイスが半額の時に買いだめしておこうと思ったのでした。
何にしても後味って大切ですよね。甘いアイスクリームもおいしいのですが、食べたあと逆に喉が渇いてしまいます。
30代になり、後味が悪い甘いアイスや砂糖がたくさん入った炭酸飲料は控えるようになりました。体も拒否してるのがわかります。

私は母の車を譲り受けております。なので自分の好みの車ではありません。
通勤に使うし乗れれば良いかという感じです。母は父の車を使用してます。
父は殆ど乗りません。いつも運転は母なのです。

毎日車に乗ってるので、自分の空間であり部屋のような感じがします。
だからかわいいアジアンちっくな座布団を買ったのです。とても雰囲気がでて気に入ってます。

私は軽自動車が一番あってます。小回りもきいて維持費も安いのでね。
そして最近テレビでよく見るスズキのショコラという車に憧れます。内装もおしゃれでかわいいです。
あの車に今使ってる座布団をしくとかわいいだろうなと想像するのです。
スズキのラパンも好きでしたが、今は断然ショコラですね。少しレトロな感じがなんともいえません。

職場のホテルの顧客達は高級車をのりまわしてます。やっぱり高級車にいたるんだと思いますね。
これがお金持ちのステータスですかね。
すごいなと思うばかりです。庶民の私はショコラにあこがれるのでした。