コミュニティサイトで初めて彼女が作れました

私は友達が一人もいらず、ましてや彼女などこれまで出来た事もありません。
そんな私は一人でいる事の寂しさに耐えきれなくなり、現実の世界で無理ならばネットの世界で友達を作ればいいのではと思うようになったのです。
そして私はネット上のコミュニティサイトに登録をしました。

このコミュニティサイトは自らの分身であるアバターを操作して、サイト内の架空の町中を歩き、他のユーザーと交流を深めると言う物でした。
これなら容姿に自信のない私でも、堂々と他の人と話す事が出来るので、早速架空の町中を歩き出したのです。
架空の町とは言え、色々なお店や施設が配置してあり、楽しく歩き回ることができました。
街中には数多くのアバターがおり、私は友達を作るために思い切って声をかけまくったのです。

しかし無視されたり逃げられたりするばかりで、まともに話すらしてくれませんでした。
そこで私は、こんな架空の世界ですら友達が作れないのかと、落ち込みそうになりました。
ですが私には他に友達を作る手段がなかったので、めげずに声をかけ続けたのです。
するとその努力が実り、私と話してくれるアバターと出会えたのです。

そのアバターは女性でありながら気が合ったので、数時間ほど話してしまいました。
そして私は、このアバターの女性とフレンド登録をしたのです。

この後も私はこのアバター女性と度々話す様になり、どんどん親密な仲になって行きました。
そして私たちは友達の関係から、恋人の関係へとランクアップしたのです。
ネットの世界とは言え、初めて彼女と言う物が出来たので、今の私は幸せの絶頂に居ることができています。

音声図書のボランティア

音声図書のボランティアをしていたことがあります。
これは目の見えない人に本を1冊読んで録音したものを貸し出す制度があり、その録音作業をする作業。

いわゆる読み聞かせとは違い、録音するときは情緒豊かに読んではいけないんです。視覚障がい者自身が音声を聞いたときに自ら想像して本の世界に入れるよう、淡々と録音していきます。
講習では声の出し方やスペースがあったときの間の開け方、スタジオに入って録音機器の操作の仕方までいろいろなことを学びました。

講習の時の座学の時間に音声図書ベスト10なるものを紹介されたのですが、1位はやはり巷でベストセラーになっている本。当時の一位は「置かれた場所で咲きなさい」だったと記憶していますが、あの本が出版された当時だったか、2作目が出版されて再ブームの時だったかは忘れてしまいました。

ベスト10の中に意外にも多かったのが官能小説でした。自分では読むことはもちろんありませんが、本屋さんの片隅になにげなくそんな本のコーナーがあるのは知っていました。そんな本が2~3冊ベスト10入りしていたので驚いた記憶があります。

職場の元気なおじさまたち(もちろん健常者)は夜は仲見世通りで…なんて冗談半分に言うくらいですから、男性陣は定期的に通ってるのだろうと密かに考えていましたが、目が見えないとそう簡単にはいきませんよね。結局頼るのはそういった本になるのかなーと。

録音する側は男女混合だったので、けっこう大変と担当の方はおっしゃっていました。音声図書は本にもよりますが早くて3か月、長い本だと1年かかることもあるそうです。官能小説でそこまで長い本はないとは思いますが、淡々とこれを読むのは…(-_-;)お気持ちお察しします。

私は市で毎月出す情報誌の録音が担当だったので、ボランティア期間に小説に当たることはありませんでしたが、長くこの作業に携わるといつか官能小説に当たるかもとちょっとどきどきしていましたw
音声図書のボランティアや風俗の仕事も、必要だから成り立っている仕事なんだとつくづく思います。

新宿の風俗求人サイトNAVI

オリジナルフォトブックの魅力

海外旅行が大好きで、お金はあまりないのですが、貯金をして
東南アジアなどに格安チケットを購入して数日旅行を楽しんでいます。

これまでインドネシアやフィリピン、マレーシア、タイに
旅行に行くことができたのですが、
アジアンビーチ、そして遺跡などが好きなので
そうしたところを中心にいろいろな写真を撮影してきました。

デジカメにもパソコンにも写真の画像が多くなり保存はしているのですが、
改めてもう一度見るには疲れるほどの量になってしまいました。

それで考えたのがフォトブックという存在です。

フォトブックはネットからフォームをダウンロードして
その中に自分の好きな写真を入れて
大きさを変えたり、背景の色に変化をもたせたり、
あるいは文字を入れたりすることができるものであり、
それ1冊でこれまでの海外旅行のポイントとなる
写真をまとめて保存ができるのです。

自宅で自分の好きなようにアレンジできて、
注文もネットからできるのでとっても便利です。
しばらくこれの作成のために、自分から帰ってきたらすぐにパソコンに向かって
作業するような生活が続きました。
2週間くらいかかって、40ページのフォトブックの作成がすべて終わり、
そのファイルを業者に送ることができました。

そして先日ついにそのフォトブックが自宅に届いて
中を開けてみたのですが、
実にきれいであり、自分が思い描いたとおりに仕上がっていたのです。

とっても大満足であり、これがあれば
今までのデジカメの写真のデータは失ってもかまわないかなとまで
思うくらいに納得できるものになりました。

おいしいもの

今月頭に飲み会があったんですね。相談支援部会の集まりでの飲み会でした。

この飲み会はいつも会費が高過ぎて、食が細くて酒もあんまり飲めない私には損ばかりなのですが、今回はいつもよりは安く、そして情報交換はしておいた方が良いと思って久しぶりに出席しました。

ビールを飲むとお腹いっぱいになっちゃうので、いわゆる「とりあえずビール」が苦手なのですが、今回はスーパードライのプレミアムがあるというので、プレミアムのようなお得感がある名前に弱い私は、久々にとりあえずビールを頼んじゃいました。

で、飲んでみたらドライプレミアム、めちゃめちゃおいしいんですよ!スーパードライなのに軽い口当たりで、いつもならビールであってもちびちびしか飲まない私が、グイグイいっちゃったんですよね。途中でイヤになるという事もなく、あっという間に小さいながらもジョッキ一杯空けてしまいました。

が、ハイペースがたたってしまいまして、これまでに無いくらいべろんべろんに酔っぱらってしまいまして、情報交換どころじゃなくなってしまい、醜態をさらしてしまいました。その前の週、私は赤祭でもアルコールを飲んだのですが、この時は全然酔っぱらわなかったんですよね。なのでビールくらい平気だろうと思ったんですが、甘く見ちゃいました。

赤祭の前にマドレーヌを食べて腹ごしらえしたのに対し、今回の飲み会では腹ぺこで空きっ腹に飲んじゃったのがダメでしたし、おいしいからってペースを乱して飲んだのがいけませんでした。心底反省しています。

でもほんと、ドライプレミアムはおいしかったので、皆さんもぜひお試しください。

アラサー世代の恋愛事情

アラサーというと、仕事もプライベートも一番充実しているときですね。結婚も意識する年齢でどんな恋をしているのでしょうか。

出会いを求めて合コンする女性は、多いようです。しかし合コンで彼氏ができた方は、3割とちょっと低いかもしれません。
彼氏の条件は、顔がいい、性格がいい、経済力がある、趣味が一緒と理想が高い方は多いようです。また結婚相手は収入をかなり意識しています。
恋が成功した人は、わりと身近な友人だったことも多いようです。仕事やうまくいってなかったことを相談するうちに恋が芽生えるケースもあります。

飲み会や合コンで気になる人がいたときは、ちょっと離れたところにいて、あとでメールをする方もいるようですね。彼の趣味が野球やサッカーだと、ちょっとしたルールやチームの名前を知っておく必要はありますね。

それからスポーツジムで知り合った方も多いです。直接ジムで知り合ったという方もいますが、紹介というケースも。年齢が上の方とも仲良くしておく必要がありますね。

友人の紹介で結婚したというケースが一般のお見合いより多いです。なので友人には彼氏がいないことをやんわりと言っておきましょう。

なかには結婚相談所に登録される女性もいます。結婚を真剣に考えている方との出会いがあると思います。パーティーって緊張すると思いますが、できるだけリラックスしてお話するのがこつです。

いい出会いは積極的に動いた女性に、多くチャンスがあると感じます。

アイドル事務所の枠を超えていくジャニーズ事務所

最近のジャニーズ事務所のタレントは振り幅が広くて本当に驚きます。
昔はただのアイドルタレント事務所だったはずなのに、今は歌、芝居、司会、バラエティと何でもこなさなければ事務所内でも生き残っていけないのかもしれません。

ニュース番組のキャスターをやっているだけでも賢いなと思うのに、今度は合格率4%の難関の気象予報士に2人も合格したというから驚きです。

私は知らなかったのですが、ジャニーズJrのユニットにSnow Manとユニットがあるそうです。そのメンバーの阿部亮平と過去に期間限定ユニットのスノープリンス合唱団に所属していた岸本慎太郎の2人がジャニーズ初の気象予報士になりました。

何と受験者数は3153人で合格者は125人です。阿部亮平は上智大学、岸本慎太郎は明治大学なので頭は良いのでしょうが、学業と仕事を両立させながらの合格は「あっぱれ」の一言です。
2人とも何度か挑戦しての合格ですが、よく諦めないで頑張ったと思います。合格に関してのコメントもしっかりしていて、「1日2時間勉強していました。好きで勉強していたので苦にはなりませんでした」「人と違う特技が欲しかった」など目の前の事だけではなく、先を見据えてチャレンジしていたという答えに立派な子達だと感心させられました。

ジャニーさんには電話で報告したそうで、「おめでとう、承りました」とまさかの敬語で祝福したもらったと明かしました。今後はお天気キャスターとして番組出演するのが目標だそうで、ダンスを組み込むなど新しい形の天気予報をしたいと胸を膨らませているようなので、ジャニーズ初の気象予報士の2人のこれからに期待したいと思います。