月刊TAKAHASHI

ももクロちゃんの月イチライブ「月刊TAKAHASHI」に行ってきました。

この月イチライブはZeppを回るツアーなのですが、仙台にはZeppがないので、仙台のプロバスケットクラブのホームであるゼビオアリーナで行われました。

今回車椅子席はスタンドで、ステージから一番遠い後の席でした (T^T)。しかも板を敷いてある急ごしらえの場所だったんですよね。バスケの試合でも車椅子席はあると思うんですが、その時もこんな感じなのかな…だとしたらひどすぎますよね。

ライブ前に、デコちゃんと女川さいがいFMの女子アナウンサーがちょっとしたトークショーを行いました。ももクロちゃんと女川は本当にステキな関係なんですよね。被災地を訪れる有名人は数多いと思うんですが、ももクロちゃんは全然気取らず「仙台で用事があるから、前の日に遊びに行くね」みたいな感覚で女川に立ち寄って交流するんですよね。

まだまだ復旧半ばで、街の復興だけでなく、辛い気持ちを持ち続けてらっしゃる方も多いと思いますが、ももクロちゃんがいつも通りの笑顔を見せて、女川の皆さんも笑顔になって、そしてももクロちゃんも元気をもらって帰ってくるっていう関係なんです。

れにちゃんがblogで「前向きって言うけど、一度後ろを向いたからこそ前を向く強さがある」って書いてたんですが、私もそう思います。いつも笑顔じゃいられないし、うつむいたり後ろを向いたりすることもあるけれど、だからこそ前を向く強さがあるんですよね。女川の皆さんも、れにちゃんも、私たちも同じですね。

業務スーパーデビューしました!

業務スーパーは毎週行く場所の途中にあるのですが、気になりつつも何か抵抗があって行かずじまいでした。色々まとめサイトとか見ていると上手く使えばかなり節約出来るとの事で行ってみました!

業務スーパーとありますが、店内は一般のお客さんがほとんどで普通のスーパーと変わらなかったので、不安もすぐ吹き飛びました。あまりに品数が多いので1つ1つゆっくり見て回るのが大変だったので、ある程度絞りつつ買い物する事にしました。

まず驚いたのが、国内産の野菜やお肉まで置いてあるということ。野菜の種類も豊富だったし、大容量ではなく普通にスーパーで売られている量で売っているので買いやすかったです。お肉は特に業務スーパーとだけあって量がすごい!

ボリュームたっぷりですが、値段はかなりリーズナブルで、鶏胸肉100g48円、国産豚こまぎれ100g98円など普通のスーパーより遙かに安かったので、夫婦2人暮らしですが細かく分けて冷凍すればかなり使えると思って購入しました。

あとは、冷凍食品の種類の多さと大きさに圧倒されました。カット野菜の充実ぶりに驚きましたが中国産の割合が多かったですね。お肉も2kgとかで売っていてそれは冷凍されています。
子供がいない夫婦2人なのでさすがに2kgは・・と思い買いませんでしたが、大家族や育ちざかりの子供さんがいる家庭には重宝すると思います。

油や小麦粉、砂糖などは独自ブランドで製造し売られてましたが、お菓子はメーカー物がかなり安く売られていたのでお得感満載です。

量が多くて安いのは魅力的ですが使いきれなければ意味がないので、冷凍小分けできるものはして、業務スーパーでの買い物は日常にプラスアルファする感じでこれからも上手く買い物していきたいなと思いました♪

休日の日にやったこと

仕事が休みであり、何もする予定が無い日には
朝の段階でその日のスケジュールを決めるようにしています。
基本的には、何も入っていなければストレスが全く無い
リラックスできる一日を過ごすことができます。

しかし、考えてみると何かをやらなければいけないと言った状況が必ずあるので、
空いている時間にやらなければいけないことが多いのです。

今日やってみたのは、押し入れの中に入ってる物の仕分けです。
とりあえず使えるものであると、捨てるのがもったいないので
押し入れの中に入れてしまいます。

その様なものが増えてくると、押入が満杯状態になってしまうので、
ある程度の時期を見てこれらを処分することが大事なのです。

ところが、実際に見てみるとをまだまだ使えるものなので捨てるにはもったいないし、
オークションに出品しようと思ったら、
それをする為に写真を撮影してネットにアップロードするなど、
かなりの作業量になるのでやる気が減退してしまいます。

このような中途半端なものがいくつもあると、
どのように選択した方が有効なのか判断に迷ってしまいます。

そこで私が考えたのは、とりあえずリサイクルショップに持っていき、
価格がつくかどうかチェックしてそれなりの価格なら全て売却してしまう方法です。

実際のところ、何度かリサイクルショップに不要品を持っていたことがありますが、
ほとんど価格がつかないので困ってしまいました。
それでも、やっと持ち出したので無料でもリサイクルショップに引き取ってもらったのです。

よく考えると、リサイクルショップはこのような方法で
仕入れる事ができるので、お得だなと感じたのです。

引越しをしたときに感じたこと

数年前に引越をしたのですが、その時には友人1人に手伝ってもらいました。本来なら引越し業者に依頼して全てやってしまうところを、友人と2人で手分けして作業に当たったのですが、この作業が非常に膨大でとても疲れてしまいました。

移動する場合には、重い荷物は1人で持たなければいけません。私の所有している家具はそれほど大きいものがないので、2人で持ち上げるパターンはとても少なかったのです。

ですが、細かな雑誌やコミック、オブジェなど、押入の中に入れているような雑貨品が多すぎてしまい、これらを移動しやすいように段ボールに梱包していくのがとても手間だったのです。

そして、割れ物に関しては段ボール箱の中に積み上げただけでは割れてしまう可能性があるため、一つずつプチプチシートで包むような作業が必要になるのです。

これらを2人でやっていると、みるみるうちに時間が過ぎてしまい、引越しの予定時間がどんどんずれ込んでしまったのです。そんな事があるので、引越しは簡単ではなく、作業量が膨大になってしまうということが分かったのです。

そして、作業自体が楽しくないことが多いので、これらを引越し業者に丸投げしてしまう人が多いというのも分かったような気がするのです。

引越しの際には、ちょっとした小物類だけを自分で移動し、大きな家具などは引越し業者に依頼することが良い方法だと思うようになりました。この時、適当な業者を選ぶと費用が高くなってしまうので、地元で有名な安い業者を探しておくことも大事だと思ったのです。

一番の楽しみはインターネットを使った交流

無事に一日の仕事を終えて自宅に戻ったとき、私はいつもくたくたに疲れています。
しかし、だからといって、食事をして風呂に入って寝るだけの生活もしたくはありません。
ひと昔前であれば、テレビを見るぐらいしかすることがなかったのですが、現在はそれよりも楽しくて便利なものがあります。
それが、インターネットです。

今ではインターネットを利用することが、仕事を終えた私の一番の楽しみになっています。
様々な情報を調べたりすることも楽しいのですが、やはり最も楽しいのは、ネット上で知り合った方たちと交流することです。

共通の趣味を持った方とSNSなどで親睦を深め、やり取りしていて楽しいと感じた方とは、通話だって手軽にできます。
もちろん必要以上に自身の情報を公開しすぎないなどの注意も必要ですが、最低限のルールとマナーさえ守っていれば、これほど楽しいものは他にないと思うのです。

お酒を飲みながら大人数で話したり、ときには1対1で真剣な話題について語り合ったりと、楽しみは全く尽きません。
仕事で体が疲れていても、そんな楽しみがあるからこそ、また翌日に頑張れるという部分もあります。
何かひとつだけでもいいので、自分の中で大きな楽しみを持つというのはとても大切なことです。

家族や知人に仕事のグチをこぼしても、相手はストレスがたまりますし、自分のストレスも思ったほどは解消されません。
しかしインターネットを使って様々な方たちと話していると、特に仕事の話などはしていないのに、なぜかストレスがきれいさっぱりと吹き飛んでいるのです。

これからも自身の一番の楽しみとして、インターネットを使った交流を続けていきたいと考えています。