子供の頃の遊び場は食べ物の宝庫

子供の頃の私達の遊び場と言えば、やっぱり山か川でした。
川にはいろんな生き物がいました。カニやザリガニ、メダカにフナ、コイ、それに亀もたくさんいました。足首まで水につかって、それらの生き物を手掴みにしてはまた水の中に逃がしてやるのです。

いつもそんなふうですから、川辺に棲息する生き物達も、子供達が来ても生命の危険を覚えることなく、逃げるどころかむしろ傍に近寄ってくるものもいたぐらいです。

山はまさに、子供達にとっては食べ物の宝庫でした。今と違い当時は家でおやつなど出なかたこともあり、私たちは山に入って、そこにできているいろんな食べものをみつけては口にしていました。

野生の柿、アケビ、野苺、ヤマブドウにヤマモモ、そんなのが行く先々でいくらでもなっていて、子供たちはたいして苦労することなくもぎとっては食べていました。柿は時には齧ったとたん吐き出さなくてはならない渋いのもありましたが、慣れた者には一目見ただけでそれが甘いか渋いかの見分けがついたものです。

アケビは少し山の中に分けいる必要がありましたが、低い木の枝などにぶらさがっているその実を発見したときの悦びはまたひとしおでした。いまでは果物屋さんにも出ていることもあるので、その独特の甘さを知っている人もいることでしょう。あれは本当に美味でした。

最近テレビ等でも取り上げられることがたまにありますが、イタドリという植物、あれも当時はどこにでも生えていて、好きな時に引き抜いては、薄皮を剥いてはその水気たっぷりの酸っぱさで喉の渇きを潤したものです。

イタドリを漢字にすると「痛取り」と書くそうで、現在はサプリメントにも利用されているようですが、もちろん子供の頃はそんなことは何も考えずに食べていました。

癒やしが必要なのです。

あちゃー… 事務仕事も楽ではないですね。

自分が不器用だというのは、自覚していたんですけれども疲れてくると、手元が狂いますね。
紙の束を整頓していた時に、一枚が頬を掠って傷がついてしまいました。
血がドバドバ出るほどではありませんが、鏡で見るとうっすらと滲む程度…あーあ、やってしまいました。
傷は残らないでしょうが、しばらくこれと付き合うのかぁ…ヒリヒリ。

トイレで鏡と向き合いながら、思いの外凹んでいた昼休みでした。
一応これでも女性ですからねっ!!(笑)

週末ばかりに雨が降る予報の最近、心なしかみんなぴりぴりしているみたい。
花粉症は落ち着いてきたけれど、今度は風邪ひきさんが増えてきましたね。
新人さんは少し落ち着いてきたかも? 心のなかでエールを送りながら…。
あともう少しでゴールデンウィークだし、そこまで辿りつけたら何かが変わる?どうにか出来る?

いろいろ考えていたらモヤモヤしてきたので
週末はぱぁっと自分癒しデーにしたいと思いますw

今日は帰ったらLUSH寄って、新しいバスボム購入するんだ~。
ボディケアは、心癒しに効きますよね♪

ルフィとか剣心もびっくり。
顔面に変な傷作っちゃったし、昨日届いたばっかりの、ミエルドアンジュっていうパックを試してみようと思います。新しいお化粧品って、気持ちが上向きになるのは私だけじゃないはずw
流石に傷はすぐには癒えないかもしれないけれど、自分自身に使う時間で週末はゆるりと癒やされようと思います。

子供が喜ぶ回転寿司

先日、回転寿司に家族で食事に行きってきました。このお店は駐車場も一杯で、平日でも混雑しています。
子供たちはお寿司と言えばまわらないお寿司屋さんよりも安い回転寿司の方が好きなので、親としては美味しいものを食べさせたい気持ちと支払いが安くてよかったと言う気持ちの板ばさみになり少し複雑な気分です。

大抵の回転寿司は大人にとって小さく感じます。しかし、その寿司の小ささは子供たちにとってはちょうどいい食べやすい大きさなので、子供たちは回転寿司の方が好きな理由の一つになっているのかもしれません。

それに子供たちが喜ぶおまけもあるので、ひょっとしたら子供たちはおまけほしさにこちらを選ぶのでしょうか。私も子供のころおまけ欲しさに様々のを親にねだって買ってもらっていたので、おまけを欲しがる子供の気持ちは分かるつもりでいます。

それに、まわらないお寿司屋は大人ばかりで子供がいないので、子供たちにとってもあまり居心地のいい空間ではないのかもしれません。一方回転寿司は子供連れのお客さんがたくさんいるので、子供たちもが安心できるな場所なのかもしれません。

また、寿司のネタも普通の寿司屋にない独自のネタがあるので子供たちには食べやすいのかもしれません。私もサーモンの握りや海老の天ぷらを巻いた巻物も大好きです。
それに寿司チェーンのサイドメニューが充実しているので寿司以外のものを食べられることも魅力の一つだと思います。

子供たちを回転寿司に連れて行くと喜ぶので、当分は我が家は回転寿司に通い続けると思います。

最近してみたダイエット体験

私は今まで何種類か酵素ドリンクを飲んできました。最近になって3種類目の酵素ドリンクを試してみました。

それがベルタ酵素でした。このベルタ酵素はよく雑誌とかネットの口コミとかでもよく名前を見るもので気にはなっていたのですが結構お値段がいい感じに高めということでどうしても買ってみようとまではいきませんでした。でも芸能人とかも愛用しているというのを目にするたびにいいなとは思っていました。

そんなある日2ヶ月で1キロから1.5キロくらい増えていることに気がつきました。完全にここ最近太ってきていると感じて私はこのままではやばいと思えました。

それまでは頑張ってエクササイズとかしていたのですがそういえばここ最近は仕事が忙しくてそういうのも疲れて出来ていなかったことを思い出しました。

食べる量は変わっていないので体重が増えるのも無理はないなと思えました。でもこのままではダメだと思ってまた酵素ドリンクでダイエットをしようと考え、その時に今まで気になっていた効果のありそうなベルタ酵素のことを思い出しました。今だったら買ってみてもいいかもと思えてすぐにネットで注文を1本させてもらいました。

8000円くらいで決して安い買い物ではないけれどその分中身がすごいんだろうなと来るまで楽しみでネットなどで買ったあとだけれど情報を集めていました。
そこで飲み方とかいつ飲むのがいいかとかたくさん調べて効果のあった人のブログを参考にしてダイエットしました。

電車での通勤時間を有効活用

私の職場は、電車で約30分。駅まで歩いて20分ほどかかるので、片道50分、往復だと1時間40分です。
主婦としては、この時間がもったいなくて仕方ありません。1時間あれば、いろいろな家事ができますよね。
せめて、有効活用しようと本を読むようにしています。

本を読むのはいいのですが、ここでも問題発生。
あまりにも本に夢中になっていると酔ってしまうのです。
文字を追うことに集中することで、視界が実際の電車の揺れによる体の動きとズレて気持ち悪くなってしまうようです。
そのことが分かってから、電車が止まる時、動き出す時、カーブの時には本から顔を上げて外を見るようにしました。
おかげで乗り物酔いは軽減されました。でも本に集中できません。
朝の電車の中は、熱心に本を読んでいる人やスマホゲームしている人などがたくさんいます。
学生さんの中には、教科書やプリントを手にして勉強している人もいます。
酔わずに集中できるって凄いなと感心して、羨ましくもあります。

30分電車に揺られ、軽く乗り物酔いの状態で会社に着いたときにはちょっとぐったりしていますが、しばらくすれば元気になります。
でも、退社時間が近づいてトイレで鏡を見ると、とんでもなくおばちゃん顔の私がいるのです。
朝はちゃんとお化粧して出かけているのに、夕方はすっかりくたびれた感じです。
アラフォーなので仕方がありませんが、年齢以上に老けて見えるのは、顔にたるみがあるからでしょうか。通勤で疲れているのでしょうか。
どちらにしても、このままではいけません。
今度は、顔のたるみを解消する方法を通勤時間に考えてみようと思います。

フェイシャルフィットネスパオ通販|たるみに勝つ!

最近おこずかい稼ぎで始めたポイントサイト

ある日ネットサーフィンをしていると、どこかのサイト上の広告で誰でも楽に副業ができるというようなサイトを紹介しているページにたどり着きました。

その副業というのはポイントサイトというようサイト上でお金を稼ぐというもので、サイトに登録するにあたり基本的にお金もかからず誰でも登録することができるとのことでした。

そしてこのようなサイトをうまく活用すれば月に数万円くらいは稼ぐことが可能だというのです。

特に資格なども必要がなく無料で始めることができてそのくらいの金額が稼げるのであれば、ぜひ始めてみようと思い実際にそこで紹介されてあるポイントサイトに登録をしてみることにしました。

ポイントサイトでは基本的にゲームをしたり、検索などの簡単な作業をすることで稼ぐことができるらしいのですが、それらの方法よりも更に効率的に稼げるのが他のサイトへ会員登録を行うという方法です。

この方法だと一つの案件につき100円以上は稼げるので、紹介されてあるサイトをすべて登録すれば高額なお金を稼ぐことができます。

しかもこの他サイトへの会員登録も基本的に無料なので本当にタダである程度の収入が入ってきます。
そうでなくとも毎日開催されるゲームや単純作業を地道にこなしていけば、1か月単位だとそれなりの金額になりますし、ゲームに関しては運が良ければ非常に高額なポイントをもらうことができたりするので普通に楽しめますし、毎日欠かさずやっています。

ネット上で何かおこずかい稼ぎをしたいのであれば、一度ポイントサイトをやってみると良いと思います。

好きなことを仕事にする

好きなことを仕事にするのは、いろんなメリットやデメリットがあるな~って思います。

好きなことはやはり楽しむためにあるので、仕事にしてしまうと見たくないもの、見てはいけない部分も避けて通れなくなり、純粋に楽しめなくなりますよね。

逆の意見としては、好きなことを生み出す側に回る事で、自分の力でもっと面白く作れるかもしれませんし、憧れだった場所や人達に毎日囲まれ、しかもそれが生業になる喜びというのは大きいんじゃないかなと思います。

私の場合は日本の福祉制度に中学の頃から疑問を持ち、自分が福祉の現場の人間になって少しずつ変えていきたいと思い、福祉を志して今、福祉の仕事をしています。

好きなことではないですが、やりたかった仕事に就いているのでその点では幸せなのかもしれません。でも、当然ながら福祉を変えるなんて立場からは程遠くて、理想と現実のギャップにまみれ、昔は絶対にイヤだった組織側の人間の論理に立って利用者と会う事もあります。そんな自分に嫌気を持ちながら、それでも働かなければならないジレンマと日々戦っています。

働くというのは皆さん、多かれ少なかれ、同じ気持ちをお持ちなんじゃないかなと思います。

特撮が大好きで、特撮の現場の仕事に就き、ついに女性初の特撮作品監督となった荒川史絵監督の例もあり、やはりどうせなら好きなことを仕事にしたほうがやりがいが持てるんじゃないかなとも思うようになりました。

少なくとも自分に言い訳は出来なくなりますよね。「こんな仕事をする筈じゃなかった」というようなネガティブな感情を持たず、前向きに仕事が出来るように思います。