少し早いですが来年こそ楽しい嬉しい年に

まだ少し早いのですが、今年ももう時期って感覚になってきました。

もちろんまだまだクリスマスとか色々と楽しめることが盛りだくさんではありますが、それにしても今年の速さは何なのだろうか?気がついたら10月も終わりそう・・
何だか時間の流れ方が凄いような気がしているのは私だけなのでしょうか?。

そう言えば今年の始まりに今年は良いこと、楽しいこと、やりたいことを願っていたのにイマイチできなかった感が否めません。
年明け前にライブに行ったのがせめてもの慰めですが、それって去年の話になるので今年ではないとか気づいてしまった時点で、今年ってホント何にもしてないんだなってますます実感してしまいます。
何やってたんだろう?仕事・・特に今年の仕事は厳しいものがありました。

ストレス発散にはやはりライブしかないっ!好きなアーティストの叫んだ声を聞けば、自ずとこちらも声を出し今までのことを忘れられるに違いない!
そう思えるけど、肝心の好きなアーティストのライブが無ければそれも適わぬ願いになります。

何気に開いた公式サイト、フと見ればライブ決定の文字!まさかの情報にご満悦な私ですが、それは来年のこと・・
でもでも来年こそ楽しい嬉しい一年になるのかもしれないとポジティブに気持ちを切り替えて、今からライブの資金を用意するわけなのですが一回じゃ寂しいので、せめて2回、いや5回は見に行きたい!
そのためにも貯金をしなければと今からワクワクが隠せません。

あっ!ストレスがちょっと無くなった気がする・・
本当に単純な私なのです。

十秒で人に伝わる絵を描ける

つい先日テレビを見ていたら、世の中の三割くらいの人しか知らないことやできないことというのを紹介した番組が放送されていました。

その中にはへえーと驚くような意外な知識や私自身がその三割に入っていて、とっくに知っていたよと思うような知識がいろいろと紹介されたのですが、その中に人は十秒では他人に伝わる絵を描けないといったものがありました。

十秒というと短いようで意外と長いので、それだけあれば十分人に伝わる絵は描けるんじゃないかと私は思い、ちょうど家族でテレビを見ていたので、みんなで紙と鉛筆を用意して十秒間計ってみました。

まずテレビで出されたお題の絵を十秒間で描き、それを家族みんなで見せ合って、何の絵か分かるかどうか試したのですが、これが想像以上に伝わらなかったので驚きました。

ライオンやカバなどいろいろ十秒で描いてみたのですが、よほど特徴のあるものならいざ知らず、カバなどは自分でも一体何を描いているのか分からないくらいヘタな絵が出来上がったのでした。

これがもっと単純なチューリップやちょうちょといった絵なら十秒もかからず描けると思いますが、動物や人物の絵というのは本当に十秒では人に伝えるのは難しいということが分かりました。

ただそれよりも私たち家族に絵心がなかったのが何よりの問題で、みんなが描き終わった後にお互いの絵を見てみるとピカソも真っ青な絵ばかりで思わず笑ってしまいました。
でもなかなか楽しいひとときでした。

秋の庭

庭の作物が、また変化。
黒豆枝豆に、ついに実がつきました。

まだ小さいのだが、ちょっと期待できそうな大きさ。
数はまだ少ないのだが、もしかすると結構できるのかな?という雰囲気も。

勤務先の近所では、農家が大きな畑で黒豆枝豆を栽培してます。
それは、かなり大きく育っていて、それと比較したら我が家のはなんともみすぼらしいです。
まあ、あちらはプロなので、比べてはいけないけど。

来月には、大きくふくらんだ実がボコボコできたら良いんですけど。

はっさくは、また大きくなって手からはみでるくらいに。
レモンも、お尻がボコンとレモンらしい形に。

今回、増えたのが例のパイナップル。
正式には「スナックパイン」で、手でちぎって食べるパイナップルです。
まあ、そうなるには最低3年かかるんですが。

しかも、南国の植物らしく気温10度以下ではダメになるらしい。
しかも、水もあまりやっちゃダメみたいで、なんだかめんどくさいです。

それでも、せっかく沖縄から買ってきた物なので、昨日100均でプラの植木鉢、土、そして重要な鹿沼土を購入。
最近の100均は、ほんと便利で基本的な物はほとんど売ってます。

土、鹿沼土、元肥を混ぜて鉢に。
本当は、正式な配分があるのだろうが、そこは適当に。

鹿沼土ってのは、詳しくは知らないが水はけが良い土みたいで、それを多めにするように説明書に書いてありました。
湿り気が多いと、根が腐ってしまうらしいです。

庭に植える事も検討したが、冬を考えると移動(寒い時期の夜は家の中へ)しやすい植木鉢にする事にしました。
でも、これって冬には入れたり出したり・・・めんどくさいです。

秋の新アニメで高評価は「学戦都市アスタリスク」

秋の新アニメで「おもしろいなあ」と思える作品はいくつかあるのですが、その中でも取り分け面白いと思ったのは「学戦都市アスタリスク」です。この原作になっているライトノベルを読んだことはないのですが、放送前の雰囲気から「おもしろそうだ」ということは何となく感じ取っていました。

数ある秋の新アニメの中でも学戦都市アスタリスクは早い段階でオンエアーを観たのですが、前評判通りのおもしろさで視聴継続を早々に決めました。

まず、A-1pictures制作ということで、作画がかなり綺麗です。アスタリスクという舞台がかなり近未来的なので、作画が綺麗なのは雰囲気に合っていると思いました。また、ヒロインであるユリスをはじめとしたキャラクターがとても魅力的です。主人公の綾斗はもちろんのこと、ミステリアスなクローディアも素敵で、観ていてとても楽しめます。

さらに、ストーリー展開が謎めいている部分もあってそこが惹きつけられます。どういう風に展開していくのか先がちょっとよめないですし、だからこそ毎話毎話どうなるのかと集中して視聴しています。

そして、バトル描写も秀逸だと感じました。バトルものはバトル描写に力を入れれば入れるほど作品の評価は上がりやすくなるわけですが、学戦都市アスタリスクはほぼ完ぺきに近い仕上がりになっていると感じました。

まだ数話を観た段階ですが今期新アニメの中では1番評価できそうですし、これからの展開にとても注目しています。

秋になったので新しい長袖を買いたい

最高気温が20度を超えない日がチラホラあって、いよいよ秋の気配を本格的に感じています。これからは徐々に寒くなる一方で、秋を過ぎれば冬がやってきます。そうなると、衣替えを本格的にしなければなりません。

私は男性で少し暑がりなところもありますから、つい数日前までは昼間に半袖を着ていました。しかし、それだと夕方から夜にかけてかなり肌寒く感じてしまうので、さすがに半袖はもう終わりにして長袖を着なければいけないです。

クローゼットの奥に長袖がしまってありますので、それを出そうと思っています。ただ、それらの長袖をもうだいぶ長い年数着ているので、少し傷んできています。そこで、新しい長袖を買いたいと思っています。

今までの私はどちらかと言えばベーシックなカラーの長袖を好んできていたのですが、そればかりではちょっと面白味に欠けます。そこで、少し目立った色の長袖を着てみようかと思っています。具体的にはオレンジや黄色系で、少し派手かもしれないですかチャレンジしたい気持ちが心の中にあります。

とはいえ、買うなら早く買わないと、すぐ真冬になってしまって着られなくなるおそれがあります。ここ最近は春や秋などの過ごしやすい季節が短くなってきているので、それを考慮するならなるべく早く長袖を買わなければいけません。

ですので、今週末か遅くとも来週中には新しい長袖を何着か買いたいと思っていて、買い物に出かけるのを今からとても楽しみにしています。