母と私どっちが正しいの?

私はコーヒーが好きで毎日欠かさず二、三杯は飲んでいます。ですがコーヒー自体にこだわりがあるわけではないので、安いインスタントコーヒーで十分です。

ただ世の中には希少価値の高い高級なコーヒー豆もたくさんあり、私が知っているものの中には動物の糞から取れるコーヒー豆を使った高級コーヒーというのもあります。

そして先日あるクイズ番組を見ていたときのことです。その問題にある変わったものから穫れる高級コーヒーがあるのですが、それは何から獲れるでしょうかというようなものがありました。

もちろん私は以前から動物の糞から収穫するコーヒー豆があるのは知っていたのでテレビの前で「これは動物の糞、それも確か象の糞から獲れるはずだ」と呟きました。すると母が「嫌これは確かジャコウネコだったはず」と言うのです。
そうして私は象のような大きい動物から獲れるはずだ、母は猫のような小さな動物から獲れるはずだと意見が分かれたのです。

そうして母と二人でお互い嫌違う正解だなどとああだこうだと言っていたところ、答えが分かってみると両方とも正解だったのでした。象からもジャコウネコの糞からもコーヒー豆は収穫でき、それが希少価値の高い高級な豆になるとのことでした。

そうして答えが分かってしまえば、どちらも正解だったということで二人で顔を見合わせて思わず笑ってしまいました。
ただこれで母も私も二度と忘れることのない新しい知識が増えたことになります。

心はまだ20代。だけど…

40才をゆうに越え、立派なおばさんとなった今日この頃。いや、おばさんとなったのは年齢だけ。心はまだ20代のままなんですけどね。毎日鏡を見ては自分の顔の欠点を改善しようと奮闘しています。

ところが鏡を見入る私を見て夫は「誰のためにそんなに手入れしてきれいにする必要があるんだ?」。夫は自分のためにはそんな必要はない、つまり私がシワシワの顔になっても変わらず愛していると言いたかったらしいのですがそういう問題じゃないのです。自分がイヤなのです!自分の顔を見た時、顔に年老いたサインが出ているのが嫌なのです。
全く女心がわかってないんだから!と呆れておりました。

そんな訳で常に美容やアンチエイジングといった話題には興味があります。うちの姉も同じく、見た目に気を使っている方。いろんな化粧品を次から次に試しているようで、会った時にはよくどんな基礎化粧品を使っているかが話題にのぼります。

そんな姉の家を訪れたある時のことです。私の目がソファの隅っこに転がっているものに釘付けになりました。「これ、もしかして美顔器!?」と姉に声をかけるとやはりそうでした。まだ購入したばかりというその美顔器は資生堂が売り出している美顔器でした。もちろん即座に「これ使っていい?」と試してみることにしました。

初めての美顔器、顔に伝わってくるその振動が何となく肌に良さそうだと感じました。その美顔器はエリクシール シュペリエルのローションとセットになって販売されているものでした。姉曰く、ローションと一緒に使うことで成分が肌に浸透させられるのだとか。その時から断然美顔器に興味を持った私は家に帰っていろいろ調べてみました。

そこで知ったのが美顔器は悩みに合わせて使うといいということでした。目下のところ、一番の悩みはおばさんのようなたるんだ顔。そこでたるみを解消するのに良さそうな美顔器を調べてみました。

その中で一番気になったのがあるサイトで1位にランキングされているララルーチュレジーナという美顔器。杉本彩がプロデュースした美顔器ってことで、相当良くできているみたいでした。何でも同じような性能の美顔器の平均価格はもっと高いとのことでした。

そういえば杉本彩っていくつだっけ?と思い調べてみると1968年生まれだから、もうすぐ48才・・・えっ、彼女もうそんな年だったの!?とビビっちゃいました。20代の頃とあまり外見が変わってらっしゃらないのはやはりその美顔器のおかげもあるのかしら。。。恐るべしララルーチュ レジーナ。試してみたくてウズウズしています。

布団が変わると眠れない

枕が変わると眠れなくなるという人は世間にたくさんいると思います。
ただ私の場合は枕そのものは固かろうが柔らかろうが分厚かろうが薄かろうが
あまり関係なく、どんなものでもぐっすりと眠ることができます。

また枕がなくても多少心地悪いものの特に寝付けなくなるというわけではありません。
ですが布団が変わるとたちまち気になって眠れなくなります。

先日家族でホームセンターへ行ったときに、たまたま布団がセットで安売りをしていたのでそれを家族の人数分購入しました。

そしてその日の夜早速その購入した新しい布団で寝ようとしたのですが、
やはりなかなか寝付けませんでした。
それまで使っていた布団は体に馴染んでいたのですが新品の布団はなんだか落ち着かず、せっかくの布団なのに以前の古い布団のほうが恋しくなってしまった私でした。

とはいえ新品の布団というのはそれ自体はなかなか気持ちのいいものです。
ふかふかで肌触りも良く、寝心地はいいはずだったのですが、だからといって寝付けるかどうかとなると話は別です。

そうして結局はいつもより、一時間近く布団の中で寝付けず、ごろごろと寝返りをうったりしていました。

ただ二、三日もするとすぐに慣れてきたので今ではぐっすりと気持ちよく眠ることが出来ているのですが、枕が変わってもすぐ眠れるのに布団が変わると寝付けなくなるなんて、我ながら変わっているなと思います。

でもこうした人は私以外にもたくさんいるでしょうね。

夫婦が仲良くやっていくこつ

恋愛結婚した夫婦も、価値観の違いでなんとなくしっくりこないことってありますね。
うちは結婚30年、あっというまに過ぎた気がします。
夫婦が仲良くやっていくにはちょっとしたコツがありますね。

まずお金のことは大事です。使えるお金が少ないとどうしてもトラブルになるような気がします。なのでだんなさんのお小遣いは平均以上はあげるのがベストですね。

子供の教育のことでも価値観は変わってきます。最終的に子供にまかせたいけど、いろいろ口だししたいのが親なんですね。なにか得意分野を伸ばしていこうという考えが必要だと思いました。

私の子供時代のことですが、母がどちらかというと放任に近い状態。なのでテレビや雑誌を見る時間がほかのおこさんと比べてすごく長かった。それが今のIT関連の仕事につながっているように思えます。

たとえばゲームが好きなお子さんなどいいところを伸ばしてあげたら、好きな仕事ができる可能性があります。いろんなことの経験が結果役立つことがありますね。

子供が大きくなったら2人で旅行もいいですよ。遠くに行かなくても近くの温泉でもいいと思います。

悪口は言わないつもりでもどうしても出ることがあると思います。50代過ぎると相手のことをほめるのもちょっと恥ずかしくなるんです。無理してほめなくてもいいと私は思っています。

困った時に助けるだけの力があるだけでいいと思います。病気の時に思いっきり協力する夫婦があとあとうまくいきますよ。

不思議な目覚まし時計

先日少し困ったことがありました。
どうやら目覚まし時計が壊れてしまったようなのです。液晶の表示が半分以上消えてしまっていました。

その目覚まし時計は五年ほど使用しており、2つあるアラームの内ひとつは使えなくなってしまいましたが、それ以外これといった故障もなく元気に使ってこれていました。
電池が切れたのかもしれないと思い新しい電池に取り替えてみたのですがうんともすんとも言いません。念のため入れ替えた電池を電池チェッカーで見てみましたが、やはり満タンでしたので本体に問題があるのでしょう。

目覚まし機能はスマートフォンで代用すればよいですが、時間や温度が見られなくなってしまうのは少し不便です。壁掛け時計もありますがそちらには温度計が付いていないですし、暗い中では見ることができないので困ってしまいます。

決して高価なものではないのですが、苦難を供にしてきた戦友のような存在なのでなんとも手放しづらいといった気持ちもあります。

悪あがきだと思いつつも試しに中身を掃除してみました。するとなんと直ってしまったのです。
やってみるものですね。

また消えてしまうと困るので、念のためアラームはスマートフォンの方にセットして一晩様子を見ることにしました。

そして翌朝見てみるとやはりまた画面が消えていたのです。しばらく別の場所に移動して置いておいたら動いたので温度や湿度が関係しているのではないかと思います。
不思議を解明すべくいろいろな場所に置いてみようと思っています。

猫について

自分は現在28歳の男性会社員です。
これは冴えない男のちょっとしたうれしい出来事になります。

自分は昔からですが、人付き合いなどがほんとうに苦手であり、
学生時代も友人と呼べる人は少数であり、
あとはほとんど交流を行うことなく、一人きりでの生活を行っておりました。

自分は一人息子であり、幼少の常にだれもいない環境が原因なのではと思ったこともあります。
しかし、一人っ子の生徒は他にも何人もいて
非常に社交的な人もいたのであまり関係なかったようですね。

友人なども、
そんなん人間やから相性は絶対にあるわ!
俺も友達は少ない方やから気にするな!といってくれましたが、
その人はクラスのムードメーカー的存在であり、とても自分の目にはそうは見えず、
すこしうらやましく思いました。

現在の大人になってもそれは変わることはありません。
同僚に飲み会などは誘われることはありますが、これは自分の性格の欠点であり、
人がにぎわっている環境はどうにも好きません。

ですので、自分は基本的に人が少ない夜が落ち着きます。
そして昨日も公園を散歩しておりました。

自分が散歩をしている公園は野良猫が非常に多く、猫好きの自分としては本当に落ち着きます。
家でも飼育はしたいと思ったことがありますが、
マンションがペット飼育は禁止をしていて、見つかれば退去となります。

そして昨日は人なつっこい猫が自分に近づいてきて、自分の手を舐めてくれました。
さみしい人生を送っている男が少し、心が温かくなった瞬間でした。