不思議な目覚まし時計

先日少し困ったことがありました。
どうやら目覚まし時計が壊れてしまったようなのです。液晶の表示が半分以上消えてしまっていました。

その目覚まし時計は五年ほど使用しており、2つあるアラームの内ひとつは使えなくなってしまいましたが、それ以外これといった故障もなく元気に使ってこれていました。
電池が切れたのかもしれないと思い新しい電池に取り替えてみたのですがうんともすんとも言いません。念のため入れ替えた電池を電池チェッカーで見てみましたが、やはり満タンでしたので本体に問題があるのでしょう。

目覚まし機能はスマートフォンで代用すればよいですが、時間や温度が見られなくなってしまうのは少し不便です。壁掛け時計もありますがそちらには温度計が付いていないですし、暗い中では見ることができないので困ってしまいます。

決して高価なものではないのですが、苦難を供にしてきた戦友のような存在なのでなんとも手放しづらいといった気持ちもあります。

悪あがきだと思いつつも試しに中身を掃除してみました。するとなんと直ってしまったのです。
やってみるものですね。

また消えてしまうと困るので、念のためアラームはスマートフォンの方にセットして一晩様子を見ることにしました。

そして翌朝見てみるとやはりまた画面が消えていたのです。しばらく別の場所に移動して置いておいたら動いたので温度や湿度が関係しているのではないかと思います。
不思議を解明すべくいろいろな場所に置いてみようと思っています。