電車での通勤時間を有効活用

私の職場は、電車で約30分。駅まで歩いて20分ほどかかるので、片道50分、往復だと1時間40分です。
主婦としては、この時間がもったいなくて仕方ありません。1時間あれば、いろいろな家事ができますよね。
せめて、有効活用しようと本を読むようにしています。

本を読むのはいいのですが、ここでも問題発生。
あまりにも本に夢中になっていると酔ってしまうのです。
文字を追うことに集中することで、視界が実際の電車の揺れによる体の動きとズレて気持ち悪くなってしまうようです。
そのことが分かってから、電車が止まる時、動き出す時、カーブの時には本から顔を上げて外を見るようにしました。
おかげで乗り物酔いは軽減されました。でも本に集中できません。
朝の電車の中は、熱心に本を読んでいる人やスマホゲームしている人などがたくさんいます。
学生さんの中には、教科書やプリントを手にして勉強している人もいます。
酔わずに集中できるって凄いなと感心して、羨ましくもあります。

30分電車に揺られ、軽く乗り物酔いの状態で会社に着いたときにはちょっとぐったりしていますが、しばらくすれば元気になります。
でも、退社時間が近づいてトイレで鏡を見ると、とんでもなくおばちゃん顔の私がいるのです。
朝はちゃんとお化粧して出かけているのに、夕方はすっかりくたびれた感じです。
アラフォーなので仕方がありませんが、年齢以上に老けて見えるのは、顔にたるみがあるからでしょうか。通勤で疲れているのでしょうか。
どちらにしても、このままではいけません。
今度は、顔のたるみを解消する方法を通勤時間に考えてみようと思います。

フェイシャルフィットネスパオ通販|たるみに勝つ!