心はまだ20代。だけど…

40才をゆうに越え、立派なおばさんとなった今日この頃。いや、おばさんとなったのは年齢だけ。心はまだ20代のままなんですけどね。毎日鏡を見ては自分の顔の欠点を改善しようと奮闘しています。

ところが鏡を見入る私を見て夫は「誰のためにそんなに手入れしてきれいにする必要があるんだ?」。夫は自分のためにはそんな必要はない、つまり私がシワシワの顔になっても変わらず愛していると言いたかったらしいのですがそういう問題じゃないのです。自分がイヤなのです!自分の顔を見た時、顔に年老いたサインが出ているのが嫌なのです。
全く女心がわかってないんだから!と呆れておりました。

そんな訳で常に美容やアンチエイジングといった話題には興味があります。うちの姉も同じく、見た目に気を使っている方。いろんな化粧品を次から次に試しているようで、会った時にはよくどんな基礎化粧品を使っているかが話題にのぼります。

そんな姉の家を訪れたある時のことです。私の目がソファの隅っこに転がっているものに釘付けになりました。「これ、もしかして美顔器!?」と姉に声をかけるとやはりそうでした。まだ購入したばかりというその美顔器は資生堂が売り出している美顔器でした。もちろん即座に「これ使っていい?」と試してみることにしました。

初めての美顔器、顔に伝わってくるその振動が何となく肌に良さそうだと感じました。その美顔器はエリクシール シュペリエルのローションとセットになって販売されているものでした。姉曰く、ローションと一緒に使うことで成分が肌に浸透させられるのだとか。その時から断然美顔器に興味を持った私は家に帰っていろいろ調べてみました。

そこで知ったのが美顔器は悩みに合わせて使うといいということでした。目下のところ、一番の悩みはおばさんのようなたるんだ顔。そこでたるみを解消するのに良さそうな美顔器を調べてみました。

その中で一番気になったのがあるサイトで1位にランキングされているララルーチュレジーナという美顔器。杉本彩がプロデュースした美顔器ってことで、相当良くできているみたいでした。何でも同じような性能の美顔器の平均価格はもっと高いとのことでした。

そういえば杉本彩っていくつだっけ?と思い調べてみると1968年生まれだから、もうすぐ48才・・・えっ、彼女もうそんな年だったの!?とビビっちゃいました。20代の頃とあまり外見が変わってらっしゃらないのはやはりその美顔器のおかげもあるのかしら。。。恐るべしララルーチュ レジーナ。試してみたくてウズウズしています。