商品名だけだと、善玉菌しか摂れない感じがする

小さい頃のトイレ環境がよろしくなく、大人になった現在は便秘体質です。ちょっと運動が足りないと、即出ません。潔いぐらいの便秘反応で、我ながら笑えてくるぐらいです。小学校と中学校のトイレが良くなかったですね。暗くて汚くて、積極的に行こうっていう気になれない。おまけにトイレまでついてきて、人が大をしたのかチェックするヤツがいて、実質学校では大ができませんでした。今思うと、本当に身体に悪いことをしていたなぁ、と思います。おかげさまで、今は立派な便秘人間です。ヨーグルトや納豆などを毎日食べ、歩いたり自転車に乗ったりして適度に運動し、ようやく出ます。薬に頼らなくても出るので、まだ幸せな方だと思っていますが、やっぱりスムーズに出したいものです。

最近、腸内細菌について色々聞く機会があったので、この手の話には興味があります。小さい頃の腸ケアって大事ですね。人の腸内細菌の構成は、指紋みたいにその人ごとに構成が異なるのだそうで。生後1年程度で、大体その構成が決まるらしいです。しかも、この構成は育ててくれた人の腸内細菌に似るのだとか。もし自分の腸内細菌に自信がなければ、子供には色々な菌を食べさせるのが良いのかもしれません。とは言っても、あれこれ食べさせるのも大変なので、乳酸菌とかをひとまとめにしたサプリなんかを飲ませると簡単で良いかも。最近見たのは善玉ガードという乳酸菌サプリです。腸まで生きて届くビフィズス菌2種類と、菌の活動を助ける酵素なんかが入ってます。もっとも、腸内細菌は人それぞれなので、合うものを使うのが一番です。 善玉ガードの口コミなどをチェックしてみるといいかもしれません。