めげずにやっていこう

偏見の目はどこでもあって、ついつい自分や子供を責めたくなってしまうこともあるでしょう。
それは何かというと、子供にありがちと思われ、教育がなっていないとか言われてしまうのです。
子供好きでなってしまっているわけでもないので、誰を責めることもできません。

それがADHD(注意欠乏・多動性障害)なのですが、まだ差別的な見方は多いのです。
いくら親が苛立っても、子供を責めることはできず、親も偏見の目で見られるのです。

あの親はできない親だとか、教育方針がおかしいとか言われてしまうこともあるのでした。
大きな声を突然出したり、何でも落ち着かないだけが、時には障害ということもあります。

めげないでいることがいいのですが、親は親でできる限りの努力は必要になってきます。
怒ったりし過ぎないで、ADHDに効果あるサプリを試すことも必要でしょう。
学校でもどんな感じなのか、そのままにしたら将来に影響もあるかもしれないのです。

だからこそ親は真剣に、できることは何でも惜しまないことが大切といえます。
まず試せるものは試すのは当然のことなのですが、そんな時見つけたのがあったのです。

それは、コドモのミカタサプリ【コドミン】というサプリだったのでした。
子供に薬のようには説明しなくても、ヨーグルト味と聞くのでだったら尚更いいと思うのです。
子供が自然に何もない状態になってくれれば、多少のことで親はダメだといわれても平気です。

障害をも、子供と乗り越えられるなら、こんなに嬉しい話はないと思うのです。