幼児教育を無償化へ

政府は3歳から5歳児の幼児教育無償化にむけて協議をはじめると新聞で読みました。
実際どうなるのかわかりませんが、莫大なコストになりますよね。そうなったらうれしいですが、実現には少し無理があるのかなと考えます。
少子化問題を解決してくれる内容だとは思います。
なんといっても共働きの保育所に子供を入れる親にとっては、かなりありがたいですよね。
稼いでも所得が多ければ多いほど保育料にもっていかれちゃいますから。

そうなると保育所、幼稚園にいる間も貯金ができます。よく子供が小学生のうちにお金を貯めろといいますが、3歳以上からせっせと貯められますよ。子供手当てすら決められていた金額を支給できなかったのですから、こんな大きなことが実現することは難しいですよね。
もし無償化されるのであれば年間7900億円が必要だそうです。この金額なので以前にも無償化の話はあったらしいですが見送りされてました。

簡単に可決されるとは思いませんが、少し夢を見させてくれた記事の内容でした。
もし無償化になるのであれば2人目を産む覚悟ができるかもしれません。