これでいいのか?

わたしの知人で動物愛護主義の人がいるんです。それはそれでいいことなんだけど、極端すぎる…

捨て猫や捨て犬などについて里親制度なんかを啓蒙するのはとてもいいことだと思うんだけど…

時々度を越してると思うことがあるんですよね。
いわく
「毛皮なんてもってのほか皮をはがれる動物の断末魔が聞こえないの?」とか
「ウールやカシミアやアンゴラのセーターなんか非人間の着るもの」とかいうし…

それじゃ化学繊維で自然分解されないものを使えというのかといいたいけどね…

この人がさらにとんでもない事を言い出した…

「プラセンタのCMがうざい、プラセンタを使う人を軽蔑する」とか…

わたし今プラセンタが手放せないのでこんなこという人とはあまりお近づきにはなりたくないわ…

わたしの使ってるプラセンタは食品加工会社が提携してるもので、つまりハム作る過程で出てきた。本来なら廃棄物になる豚胎盤を有効利用してるんです。
プラセンタをとるために無益な殺生はしてないんです。

それよりも彼女が着てる化学繊維のほうがよっぽど非エコじゃないですか??

私が小さい頃、母が編んでくれたウールのセーターは着られなくなってもほどいて小物を作ってくれたり、2枚分のセーターで新しい一枚を編んでくれたりしてたものです。
アクリルのセーターはそんなことできないですよ。
燃やしたらダイオキシン出るし…

なんかもうブロックしたくなってきました。

彼女から見たら
わたしはステーキもお刺身も食べるし
プラセンタも摂ってるし
極悪人なんでしょうね。

でもね。
彼女が嫌いな動物実験。
それがあるから医薬品ができてるんで…
彼女、病気になってもいっさい治療とか拒む気かしら??
自分の都合のいいときだけ文明の恩恵にあずかろうなんて思ってるんじゃないでしょうね?