子宮がん健診

今日は子宮がん健診に産婦人科に行ってきました。
産婦人科の婦人健診ってあんまり楽しいものじゃないですよね。
子供が出来るまでは健診なんて面倒なだけだと思っていたので行った事など無かったのですが
妊娠中に初めて子宮がん健診を受けてから1年に1度は受ける様にしています。

やはり30代で子宮けいがんになる人が多いみたいで最近では20代も多くなってきていると
産婦人科の先生が教えてくれました。
世界で言えば1年間で約2500人もの方が子宮がんで、
約1600人もの方が子宮体がんで亡くなっているそうです。

早期発見だと粘膜の表面のごく一部だけにとどまる上皮内がんなどごく早期のがんで、その大半は子宮を温存した治療が可能だそうです。

子供を持つ母親になってから、自分の健康管理をちゃんとしなくては、と考えが一変しました。
毎年お金はかかりますが健康が第一ですね。