汚部屋脱出したいなあ…

いつごろからだろう、掃除のできてない、かたづいていない部屋を「汚部屋」と呼ぶようになったのは…

気になってネットで調べてみましたが
まだwilipediaには載ってないみたいです。

それに関するブログや2ちゃんねるのスレッドはたくさんあるんですけど…

もしかしてwikipediaが認めない言葉!?
イヤだ悲しい…

いつもいつも「今の仕事が片付いたら汚部屋脱出」するんだ」と思うのですが、「今の仕事」が終わったら途切れることなく「次の仕事」が待っていて、片付ける暇がないんです。

…というのは言い訳かもしれません…

今、自分の部屋を見渡してみました。

まず、目の前のパソコン置いてるデスク。
充電器、スマホ、ガラケー、デジカメが無造作においてある。モニターの両側には読むのか読まないのかわからないチラシ・本がつんである。
デスクの下はほこりだらけ…
パソコン本体はデスクトップで床においてるのですがケーブルやコードが絡まってる…

…机周りだけでもこの体たらくです。
改めて書き出していやになってきた…

そして押入れは空。
押入れにあるぺきものがほとんど床に出しっぱなしにしてる。

そもそも本やCDを1つの箱にいれて押入れにいれていたからいけないんじゃ?
1冊の本、一枚のCDを探すのにその箱を押入れからだしてひっくり返して…

そして、元にもどさない。
だってまた探すときがあるかもしれないもーん…

…このままじゃだめなんだーとー…

わかってるんですけどなぜそれができないんだろう。

「時間がない」というのもあるし
あとわたしは「お金がない」というのも原因だと思う。
片付けグッズ買うお金ないもん。
みんな100円ショップで買ってるみたいだけど100円ですむならいいよ?
でもけっこう1000円単位で買ってるよね?

そんなお金もったいなくて…

でもそれは言い訳かな…
まず100円のもの一個でもいいじゃない。。

なんとかなんとか汚部屋脱出したいなあ…

何かに集中したい時

昔からの癖で、何かに集中しなければいけない時、部屋の掃除を始めてしまいます。
これは、長い学生時代そうでした。勉強をしないといけないのに、何かにとりつかれたかのように、まわりの散らかりが気になって仕方がなくなります。

あれは、勉強をしたくなかったからでしょうか。逃げたいけれど逃げられない葛藤かもしれません。
客観的に見たらとても笑えて、何をしてんだと思いますが。

片付ける時間がもったいないことや、勉強する時間が減り、焦ってしまったり。悪循環です。
それでも繰り返しますね。

大人になってからは、減りましたが、どこか自分でも気がつかない所でやっているかもしれません。
自分の事は、意外と他人のほうが知っていることがあります。まだまだ変な癖があるんだろうなと思います。

私なりに、分析すると、いつも散らかっていても平気なくせに、無性に片付けたくなる事がある人がこのタイプだと思います。
だらしがないのやら、神経質なのやらわからない、”謎の性格”です。

誰もいない家でしたことは…!?

毎日毎日、子供の大声と泣き声に疲れ果てます。何をしてても「ママー姉ちゃんが悪いー!」「ママー○○(←弟)が叩いてきた!」「ママーママー!!」の繰り返し。もううるさ過ぎて疲れちゃいます。たまには一人でゆっくりしたいのに!!

そんな私の切なる願いを旦那が叶えてくれました。子供を二人連れてお出かけをしてくれたんです。って言っても義実家に晩御飯を食べに行っただけなので、すぐに帰宅しますけどねー。きっと2時間くらいのもんだろ。

だけどそれだけでも充分有難いです。このチョットしかない時間だけど、子供のうるさい声が聞こえないかと思うとウルトラハッピー(笑)この貴重な時間、私は一体何をしよう!?そう考えて決めたのが《掃除》です。だって普段子供がいるとなかなか出来ないんだもん。

結局こうして私の貴重な時間は過ぎ去ったんですが、まぁ静かな中掃除がはかどったので良しとしましょう。旦那はんありがとね~。

雨が降ったので

昨日雨が降ったので窓ガラスを掃除しました。何かの本で雨の次の日は窓をふく、とあったので私もそうするようにしています。といっても台所のガラス窓1枚しかきれいにできなかったですけど。窓ふきに関しては効率のよい方法を探しているところです。そろそろ家の掃除は業者にまかせていきたいなって思っています。
私は自分が楽したいから人を使うわけではないんです。他の人はどうでしょう?私にはやりたいことがいっぱいあって、少しでもそのやりたいことを多くやるために時間が欲しいのです。誰でもできる仕事は私には必要ないと思っています。そういった考えなのでもし誰か別の人にお金を払って自分がやっていることを頼んだのなら、そのお金で買った時間を買った以上のお金に変えていかなければなりません。
今すぐにでも業者に頼みたい気持ちはあるのですが、その時間を有効に使えるかまだ言いきれないので、もう少し体調が整ってからかなって思っています。