読書

最近めっきりと読書をする時間がなくなってます。
妊娠してから暇な時間をうめるために本を沢山買ってよんでました。すると楽しくて楽しくて止まらなくなりました。

読書って楽しいのですね。子供の頃に気がついていたら人生変わってたかもしれません。おしいことをしてしまいました。
我が子には読書の楽しさを伝えたいですね。

そして最近仕事の休憩時間に10分でも読書をするようになりました。家にいると子供がいるしじっくり時間がもてないということで、職場に本をもっていって読んでます。

その楽しみがなくても休憩時間は待ち遠しいものです。だから益々休憩時間が楽しみになって、一人で部屋にこもれるので、昼食後一人でもくもくと読んでます。
なかなか良いですよ。

時間を有効に使う事が目標でもあるので、この少しの時間ではありますが、充実してます。
なんだか、読書をしない時より断然生活のリズムが良いです。時間を有効に使えた時はものすごい達成感を感じます。
もっともっと時間の使い方を改めていかなければなりませんね。

ちなみに休憩時間中に読んでいる本は、東野圭吾の小説です。彼の小説はあまり集中しなくても内容がスラスラ頭に入ってくるので最適です。そして次々読みたくなるという感じです。