ニート婚

ネットニュースによると、35歳を過ぎた女性の結婚率はわずか2%とのことです。
年を重ねれば重ねるほど、理想が高くなりますよね。しかしそれは意味のないことで結婚に結びつかないことが多いです。
理想が高い人ほど結婚できないし、自分は地位の高い人といつか結婚できると信じてます。
現実的に難しいですよね。

そこで自分の親が自営業をしていて、なおかつ婿養子が良いなら、ニートを選ぶのが懸命だといいます。
例えば農業だとします。得意のネットで商品を売り込んだりと思わぬ力を発揮することがあります。
ニートだからといって対象外と思うのはよくないかもしれません。あくまで自営業のお話です。

お金はないけど生活力のある原石ニートもいいかもしれません。
すんなり婿養子のことも承諾してくれそうだし良いことだらけです。

意外とみんなが見逃してるニート婚がこれから流行るかもしれません。
自営業限定ではありますが、素敵なニートはどうでしょう。

長男の嫁

随分まえに、”長男の嫁”というドラマがありました。
薄らしか覚えていないけど、長男の嫁は大変だということだったように思います。そのまんまですが。。。

田舎では、長男は長男らしく生きていかなければならないという風潮があるように思います。
同級生の人で、昔はとてもヤンチャで、勉強もせず、悪ガキでしたが、今では古風にも限度があるくらい、長男意識が高いです。
彼に何があったのか知らないけど、こんなにも感覚が違うことに驚いてます。

親の自営業を継ぎ、同居をして、新築の家を親の家のそばに建てようとしています。
なんて立派になられたのか。

お嫁さんの意見は、無視ですけどね。田舎では長男は、大変です。
大好きだから安易に結婚をすると大変な目にあいます。

その人達のまだ小さな長男をみて、この子の人生はもう決められているのかなと思うと、せつないです。

ちなみに私は、ちゃっかり次男の嫁です。
本当に申し訳ないのですが、気が楽です。義両親とも良い距離が保てて関係も良好です。
でも、いつ事態が変わるかわかりませんがね。