読書

最近時間がなくて大好きな読書もできていません。
妊娠中が暇のピーク時だったためよく本を読んだものです。

どう考えても家では読書ができないので、職場の昼休みに少しずつ読む事に決めたのです。
初めはどうかなと思ったのですが、なかなか良いのです。
一時間の休憩中、30分は食事にあて、あと30分コーヒーを飲みながら、冷房がガンガンきいてる部屋で一人読書です。
一人で部屋にこもれるので、誰にも邪魔されません。

なんだかものすごく集中できて、次の日の休憩時間が楽しみになるのです。
休憩時間が終わると、いきなり現実の世界にもどった感じがします。

今は読みやすい東野圭吾さんの本を読んでます。
たった30分ですが、私の至福の読者タイムはなんともいえないほどの娯楽となっております。
こうやって時間を有効に使うのは良いですね。もっと時間を有効に使えるんじゃないかと日々模索中です。

たまに眠すぎて本を読みながら寝てることもあります。連勤の時はそうなってしまいます。
そういう時は身をまかせ寝てます。たった一時間ですが昼休憩のとり方を色々変えるのもなんだか大人だなと勝手に思ってしまいます。

読書

最近めっきりと読書をする時間がなくなってます。
妊娠してから暇な時間をうめるために本を沢山買ってよんでました。すると楽しくて楽しくて止まらなくなりました。

読書って楽しいのですね。子供の頃に気がついていたら人生変わってたかもしれません。おしいことをしてしまいました。
我が子には読書の楽しさを伝えたいですね。

そして最近仕事の休憩時間に10分でも読書をするようになりました。家にいると子供がいるしじっくり時間がもてないということで、職場に本をもっていって読んでます。

その楽しみがなくても休憩時間は待ち遠しいものです。だから益々休憩時間が楽しみになって、一人で部屋にこもれるので、昼食後一人でもくもくと読んでます。
なかなか良いですよ。

時間を有効に使う事が目標でもあるので、この少しの時間ではありますが、充実してます。
なんだか、読書をしない時より断然生活のリズムが良いです。時間を有効に使えた時はものすごい達成感を感じます。
もっともっと時間の使い方を改めていかなければなりませんね。

ちなみに休憩時間中に読んでいる本は、東野圭吾の小説です。彼の小説はあまり集中しなくても内容がスラスラ頭に入ってくるので最適です。そして次々読みたくなるという感じです。

本好きになってもらいたいけれど。。

親は子供に本好きになってもらいたいと思うかもしれません。
私も娘が産まれてから、色々な本を見せてました。
赤ちゃんの頃はそんなに本に興味をもたず、こっちも色々と試行錯誤するのですが、いったん興味を持ち始めると、読んで読んでと何回もいってきます。

私は勝手だなと思うのです。何回も催促されると疲れてしまうのです。だからまた明日ねと誤摩化したりします。
子供は勝手に絵本が好きになるとおもうのですが、どうでしょう?

なのに小学生頃になると読まなくなるこが多いですよね。ここにも疑問が残ります。
まだ小学生のママではないので未知の世界です。

いらいらせず、子供の絵本タイムにつき合っていきたいものです。
私が何かしてるときに本を持ってこられると、今忙しいからと言ってしまいがちです。
いつも穏やかに子供の要望を叶えてあげるママでいたいけど、現実はこんなにも違います。

子供が大きくなったら一緒に読書をする時間をもうけたいですね。